2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« 移動交番・・・振り込め詐欺 | トップページ | かたづけと思い出の品 »

2016年4月21日 (木)

郭沫若記念館と芝桜

フォトショップエレメンツのお教室のあと 友人の計画で 市川散歩でした。

いつも千葉にもこんないいところがあったのかしらというような散歩を計画してくれます。

今回は 「郭沫若記念館」とその庭の芝桜見学です。

club 市川駅からの途中の 手児奈霊神堂に立ち寄りました。

Photo

手児奈は 奈良時代より前にこのあたりに住んでいた女性で 彼女を巡って男たちが争って

手児奈は真間の入り江に入水したのだそうです。

手児奈が水を汲んだとされる井戸が おとなりの亀井院の残されています。

Photo_2

club 「郭沫若」は 四川省楽山県出身の政治家、文学者、詩人、歴史家です。

日本で学ばれ、 この市川に住んでいらしたこともあるそうです。

名前だけは知っていましたが、どんな方かは知りませんでした。

住まいがここに移築され、記念館となっているのです。

Photo


記念館内は郭沫若氏の功績をたどるような写真展示が主です。

日中友好の時の田中角栄首相との写真もありました。

下の写真は郭沫若氏の結婚式の衣装です。

Photo_2

庭の芝桜がきれいです。

1


2

club おしまいは 弘法寺(くぼうじ)。千葉商科大と隣同士です。

なかなか立派な 日蓮宗のお寺です。枝垂れ桜はおしまいでしたが 八重桜がきれいでした。

アジサイの時期もよさそうです。山門です。

Photo_3

山門から 階段を下り 市川駅へ向かう 大門通りに 万葉集に歌われた継橋があります。

奥に見えるのが 弘法寺の急な階段です。

Photo_3

 足の音せず 行かむ駒もが 葛飾の

           真間の継橋 やまず通はむ

     Illust1923_thumb

« 移動交番・・・振り込め詐欺 | トップページ | かたづけと思い出の品 »

もか散歩」カテゴリの記事

コメント

きれいな芝桜に気持ちがパッと明るくなるような感覚を覚えます。
このところ、地震関連の暗いニュースばかりですものね。
日蓮宗のお寺というだけで親しみを覚えている私。
実家が日蓮宗なので・・・

フォトショップエレメンツ、名前だけは知っています。
手児奈、聞き覚えのある名前です。何も入水までですよね。
郭沫若さんの名前と顔、かろうじて知っています。
綺麗な芝桜が植えられて、記念館ですか。
山門、立派ですね。紅葉の新緑も鮮やかです。

こんばんは!
千葉も郭沫若と関係が深いのですね!
岡山は彼が第六高等学校に留学した土地であり、壮年期亡命中には佐藤とみさんと結婚して10年間住んでいました。
中国へ帰った彼を追って中国に渡ったとみさんですが、彼はすでに再婚していたそうです。
後楽園にいる丹頂は、六高時代沢山いた丹頂がいないのを悲しみ日中友好の印として贈られたのが元です。

ご心配お掛けしています。お見舞いありがとう。
お知り合いなども無事で良かったですね。
又落ち着いたらお伺いいたします。


市川散歩記、興味深く読ませていただきました。
郭沫若の著作は「屈原」を読んだくらいですが
あの文化大革命時にはいろいろ苦労もあったようです。
自作を無価値だと自己反省したのは時代の流れだったのでしょうか。

継橋はもっと大きな橋だと思っていました(笑)。

芝桜きれいですね。天候にも恵まれたようで、私まで癒されましたよ。

cherryblossom tomokoさん、こんばんは★
お花は心をパッと明るくしてくれますね。
千葉は 日蓮宗が多いですよ。

cherryblossom  kazuyoo60さん、こんばんは★
みんな名前だけ知っているところでしたが 実際行ってみると
歴史を感じられ いいところでした。
若い時にもっと行っておきたかったなあとよく思います。

cherryblossom とんちゃん、こんばんは★
こうして訪問してくださって 文章でですが 会話できるのが
とっても嬉しいです。
郭沫若さんは 岡山の第六高等学校から九大に進まれ医学を
学ばれたと記してありました。体の都合で医学の道に進めなかったそうですね。
戦前は中国や韓国の方が日本で学ばれることが多かったようですね。

cherryblossom すずさん、こんばんは★
屋根が被害にあわれたようですが。
あのいつ揺れるかかわからない緊張は 心身を痛めます。
体調を崩されませんようにと祈るばかりです。

cherryblossom どんこさん、こんばんは★
興味深く読んでいただけなんてうれしいです。
宮崎兄弟の生家を思い出しました。
どんこさんは万葉集などにも造詣が深いのですね。

cherryblossom からつくんちさん、こんばんは★
芝桜、とってもきれいでした。地域で手入れをされているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 移動交番・・・振り込め詐欺 | トップページ | かたづけと思い出の品 »