2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« 汐留~イタリア街 | トップページ | ランチと プラド美術館展 »

2015年11月14日 (土)

写真のお話 


昨日は 紅葉講座実習の講評でした。

 

Photo

 

先生 開口一番

「ピントが合ってないね。 被写体ブレだね。シャッタースピードが 1/25 だね。

これじゃ ちょっと風のあった日だから ぶれるよ。」

解決策として 2点あげられました。

① 開放にして 光を 多く入れ、シャッタースピードをあげる。

  その代わり 背景が もっとボケるよ。

② ボケを 今の状態に生かしたければ ISO感度を あげて シャッタースピードをあげる

  この場合 1600くらいにあげてもいいよ。

 

こんなことなんか考えていないもの。 どれを撮ろうか、 探しているだけで 精一杯ですもの。

先生、それでも このお話を 聞いて ISO感度や シャッタースピードの関係が おぼろげに  分かった気がしますよ。

 

こんど こんなことも考えながら 撮ってみようかな?

 

でも こんなことは すぐ忘れます。とにかくパチパチとる方が楽しいです。

帰り道 銀座の街の ディスプレイ から

 

Photo_2

 

Photo_4

 

Photo_6

« 汐留~イタリア街 | トップページ | ランチと プラド美術館展 »

カメラ遊び」カテゴリの記事

コメント

1枚目のお写真、清々しくてさわやかな気持ちになりました。
mokaさんのお写真は素敵に進化されていると拝見するたびに感じています。

撮るのが楽しいの次に来るのは、どうやったら思い通りになるの?ではないかなと思います。
自分のことで恐縮ですが、そう思った頃、一番納得できたのが "万能なカメラは無い"(なんでも人の目のように見える) ということでした。
逆を言うと、表現方法がいろいろとある道具であるとも言えます。
そう思えてから、駄作を納得できるものへ変えるための修行を日々行ってますw

私の失敗の経験からお教えできることもあると思いますので、お気軽にお声がけくださいね。
そんなことからmokaさんもご存じのモモエさんとの交流が始まりましたw
いつでもお待ちしております。

  素人の私は、モカさんの写真を拝見しては、英気を養っていますよ。感謝!北部九州は、11月中頃とは感じさせないほどの温かさ。お茶会に参加し、日本伝統文化に浸ったひとときでした。

こんにちは!
緑のモミジが、爽やかにとれていますね~素敵です。
最近DB広場では、開放にして後暈しや前暈しではんなりとした撮り方がはやっています。
不自由な姿勢で息を止めて・・・撮るのでしょう?
私は途中で設定を色々変えるのが面倒くさくてAFでパシャパシャやっています~weep
見たとおりに撮れればいいです~

ここまで考えてなのが良いのは分かっても、何もできていない私です。
綺麗だと思いますのに、まだ注文なのですね。

今はフィルム時代と違って
枚数を心配しなくてじゃんじゃん撮れますから
ISOやシャッター速度を変えて試し撮りが出来ますよね。
ホワイトバランスや露出補正/AEB撮影も試してみると面白いですよ。

カメラ教室ではすぐ先生の講評が聞けるのでいいですねぇ。

club jinさん、おはようございます♬
アドバイスありがとうございます。
いい写真を撮るなんてできませんから、なにか面白いものないかなと
思って撮っています。
中山が始まったら 競馬場へも足を運ぼうかなと思っています。
モモエさんの写真、素敵ですよね。
これからもアドバイス、お願いします。

club からつくんちさん、おはようございます♬
お茶会、いいですね。
きょういく、きょうようをしっかり実践してますね。

club とんちゃん、おはようございます♬
あおいもみじはさわやかで 紅葉よりもいいなと思うことも
よくあります。
設定、私もあまり変えずに撮っています。面倒ですし、
忘れてしまいますよね。

club  kazuyoo60さん、おはようございます♬
お教室の写真は「表現する」に比重がかかっているからでしょう。
kasuyooさんの写真、お花も昆虫もきれいです。

club どんこさん、おはようございます♬
フィルムはばかちょんしか撮ったことがないのでわからないのですが。
今のデジカメはいろいろ遊べるし、新しいほどきれいに撮れますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 汐留~イタリア街 | トップページ | ランチと プラド美術館展 »