2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« 九州へ帰りました。 | トップページ | 江戸の金魚さん »

2013年9月10日 (火)

姉妹揃ってランチに

帰郷したので姉妹3人でランチに出かけました。

ブログ記事で拝見し、行ってみたかったところです。

「清里絆舎」(きよざときずなや)です。あの有名な清里ではありません。

九州にあるのです。

Photo

博多にある日本料理のてら岡さんが 出されたお店で自然豊かなところです。

 

「木漏れ日の中で心和む方々と清らかな里で野鳥と幻想的な風景をご覧になりながら、

おいしい狩場料理をお楽しみ下さい。」とHPには案内されています。

敷地は12000坪もあり、桜の時期はとってもきれいだそうです。

白鵬関が植えられたという さるすべりが 2本ありました。

お庭拝見だけでも どうぞということです。

 

地鶏料理で 鶏肉と 近くで作られた野菜を コンロで焼きながら いただきます。 

サラダ、小鉢、漬物、ご飯、コーヒーとついて 1000円也。ランチはお安いです。

Photo_2

 

おじさんが こんなものを 持っていらっしゃいました。

   「酒が 1升は入るよ」 と。 ちょっといただいてみたいな。

Photo_3

 

女3人、帰りは やはりこんな楽しみが 欠かせません。

もちろん おしゃべりと・・・・・

Photo_4

« 九州へ帰りました。 | トップページ | 江戸の金魚さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

帰られていたんですね
私は来月帰ります

おはようございます!
ここは、どんこさんのブログで拝見したお店ですね!
野趣豊かな料理の後、甘い物で三姉妹のおしゃべりが想像できます。
年をとると、姉妹がいいですね~
良い時間を過ごされた事と思います。happy01

お出かけになったのですね。
ブログで紹介した甲斐がありました。
ごきょうだいで話が尽きなかったことでしょうね。
ワイングラスでしょうか、ちょっぴり見えますね。

紅葉の頃、また行ってみたいと思っています。
でも桜の時期がやはりお勧めでしょうね。

3姉妹さん、心丈夫でいらっしゃいます。羨ましいです。亡母も三姉妹、下に弟でした。
鶏は食べてますが、好んで食べたいほどではないのです。
お好きな方は地鶏に目が無いのでしょう。笹酒用の竹ですね。奈良市の大安寺の笹酒は癌封じで有名です。近くなのに行ってませんが。
http://www.daianji.or.jp/05/0502.html
リッチなスイーツです。綺麗に盛られてますね。

うらやましい。お姉さん・妹さんとの食事楽しかったでしょうね。

帰省されていたのですね。
久しぶりの熊本で美味しいランチを楽しまれて良かったです。

熊本は昨日、今日と暑さがぶり返していますが如何でしたか?

ここのお店、とても素敵な佇まいですね。
荒尾までそんなに遠くないので何時か行ってみたいです。

素敵なお店ですね
姉妹イイですね
私は兄だからこのような経験なし

cake吉祥天さん、こんばんは~
いってらっしゃい。

cakeとんちゃん、こんばんは~
そうです。先輩のどんこさんのブログです。
いいところを教えていただきました。
母も年をとると女きょうだいはいいよと言ってました。

cakeどんこさん、こんばんは~
いいお店をご紹介いただきありがとうございました。
自然の中で癒されますね。桜の時期や紅葉の時期は
いいでしょうね。
ワインでなく アイスコーヒーです。

cakekazuyoo60さん、こんばんは~
子供の手が離れてからきょうだいで会う機会が増えました。
気兼ねなくいいものです。
ここの鶏は美味しかったです。でも砂肝や皮は苦手です。

cake多摩さん、こんばんは~
最近は年一度ほど帰郷して会っています。
気兼ねなくいいものです。

cakeくりままさん、こんばんは~
まだまだ暑い日がありますね。
なかなかいいところでした。紅葉の時期などよさそうですね。
ちょっとわかりにくく 電話で訪ねて到着しました。
ぜひお出かけください。

cake元気ばばさん、こんばんは~
こんな田舎だからこそ、広いお庭にお店を構えられるのですね。
年をとるとおんなきょうだいはいいものです。

  姉妹弟揃って、お母様のご供養ができ、天国から喜んでおられることでしょう。暑い日の旅、お疲れ様でした。
  素敵なお店のようですね。お母様から、3姉妹へのご褒美かも。

cakeはるかさん、おはようございます~
ごほうび、そうですね。うれしいお言葉です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州へ帰りました。 | トップページ | 江戸の金魚さん »