2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« 天空の白鷺 | トップページ | 写真教室~打ち上げ会 »

2012年7月17日 (火)

赤穂の町を散策

2日目は、メーンの赤穂散策です。

bus このくらちゃん号で赤穂駅をスタート、赤穂城下を通り、瀬戸内海をながめながら、

坂越の古い街並みを見、約1時間乗って赤穂駅へ戻ってきて、100円也。

観光案内所のお姉さんの紹介で、素敵なサプライズのミニ旅でした。

テレビで紹介してもいいですね。

Photo

 

shoe ミニバス旅行の後、まず、浅野家の菩提寺、花岳寺を訪れました。

大石名残りの松越しに見た花岳寺です。初代の名残りの松はこの数倍も大きかったようです。

Photo_2

花岳寺の天井の虎の絵です。

Photo_3

 

shoe 次は大石家の長屋門です。立派です。

Photo_4

中へ入ると素敵なお庭でした。

お庭側からみた長屋門です。

Photo_5

 

shoe 長屋門にはあの浅野家の一大事を知らせに来た早かごが展示されていました。

松の廊下の大事件も、今ならあっという間に届くのにこのかごで何日もかけて

知らせたのですね。

Photo_6

 

shoe 山門の向こうに大石神社です。

Photo_7

大石内蔵助の参謀であった 原惣右衛門宅跡も探し回り、脚はもう棒です。

赤穂の町は古い町並みが大切に保存され、新しい建物もそこへ溶け込むように

建てられていました。

Img_138481_1746332_14_2

sun 梅雨があけました。九州はまだですが rain

« 天空の白鷺 | トップページ | 写真教室~打ち上げ会 »

もか散歩」カテゴリの記事

コメント

特別なバスが100円とは。レトロ感が良いです。
迫力のトラの絵ですね。大石家の長屋門、次に住まわれた方も残されたのですね。
当時メールがあったらです。
今も争いの種は至る所、時代が下がったのに、人の考えはです~。

レトロな赤いバスに1時間乗って100円とは驚きです。
私も大石神社や大石家の長屋門は行きましたが、ツアーだったからでしょうか外から眺めただけで中に入れるなんて知りませんでした。
大石神社も時間との格闘で、行っただけしか記憶に残ってません。
やはり個人で行くと、好きなように廻れて、最近では個人で行くようになりました。

shoekazuyoo60さん、こんにちは~
このくらちゃんバスにはビックリ。
途中で下車された家族3人、途中乗車のおばあちゃん一人。
あとは私たち家族。丸で貸し切り状態でした。
町中が看板などほとんどなく落着いた城下町の町並みでした。

赤穂まで行かれましたか
神戸家は、一度しか行ってません
一大事を知らせたカゴであることは、気付きませんでした
よく、残っていたものです

shoeラッシーママさん、こんにちは~
このレトロバス、赤穂全体を楽しめてとっても良かったです。
行楽の季節の土、日運航のようです。
のんびりとよく歩きました。途中休憩の喫茶店は和菓子やさん経営で
お菓子もおいしく良かったですよ。
ただ携帯の歩数計は20000くらいで疲れました。

こんにちはmokaさん

姫路に行かれたんですね~~~??
私も従妹が居るので一度だけ行きました

姫路駅前のホテルを用意しててくれました

従妹のマンションは引っ越したばかりで片づけて居ないからと
翌日従妹と大分阿蘇旅行したんです

もう一度姫路に行きたいと思います
従妹のマンションから姫路城が見えるんです

そばまで連れて行って貰いました
赤穂浪士で有名な所へ行かれたんですね!!

おーちゃんがお会いしたと言って感激していましたよ!!

shoeOB神戸家さん、おはようございます~
赤穂が今回のメーンだったのです。
半日で終わるかと思いましたが、結局、一日楽しみました。

shoeとん子さん、おはようございます~
従姉妹さんはいい所に住んでいらっしゃるのですね。
やはり城下町はいいですね。またいらっしゃるといいと思いますよ。
夫が忠臣蔵好きで行きたがったいたところ、やっと実現しました。
なかなか面白い旅でしたが、脚がパンク寸前でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天空の白鷺 | トップページ | 写真教室~打ち上げ会 »