2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« シャラポワを破ったクルム伊達公子選手 | トップページ | 2010.10のカレンダー »

2010年9月30日 (木)

映画”十三人の刺客”

Photo

明石藩江戸家老の切腹の時の表情から始まり、明石藩松平斉韶の所業の

リアルすぎる描き方は見ていて、きついものがありました。

国を治めるには頂点に立つ将軍の威光には逆らえない、

しかし、正義や民を守るために暗殺を謀る役目を負った13人の刺客。

今の時代には考えられないことです。

   

最後は殺陣のシーンの連続。

切っても切っても雨後のタケノコのように出てくる相手。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私には長すぎました。

松方弘樹のシニアとは思えない太刀さばき、身のこなし。

他の俳優とは全然違います。

やはり、東映の時代劇スターだと思いました。

   

御目付役、島田新左衛門と 松平斉韶の腹心鬼頭半兵衛 二人の

情勢、相手の考えることの読みあいはすごい。

あれくらい真剣に考えたら、外交などももっとうまくいくのではと 

映画を見ながら思いましたね。

« シャラポワを破ったクルム伊達公子選手 | トップページ | 2010.10のカレンダー »

映画・演劇」カテゴリの記事

コメント

 週刊誌で 読んだので どうかなと思っていました。怖いような 見たいような 映画です。
 読みあい・・・・やはり面白そうで 気になります。
 

club小紋さん、こんばんは~
読みあいは面白いですよ。三池監督は滅多に家に帰らず、撮影以外でもほとんど事務所どまりとか、それを聞いてなるほどと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シャラポワを破ったクルム伊達公子選手 | トップページ | 2010.10のカレンダー »