最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« オルセー美術館展 | トップページ | 仮名手本忠臣蔵の本 »

2010年7月 3日 (土)

ジャカランダの花

Photo

世界の三大花といわれるジャガランダ。

南アフリカなどに咲く花だそうです。

友人が、近くのコミュニティセンターに咲いていると教えてくれたので出掛けてみました。

検見川浜駅近くの真砂コミュニティセンターにボランティアの方が育てられたのでそうです。

まだ咲き始めで上の方だけでしたが全体に咲くそうです。

一眼に望遠レンズをつけて行ったのですが、どうやっていいかわからず、

とりあえず、シャッターを押しましたが、ろくな写真がありません。

アンティチョークも種から育てられたそうで大きな花を咲かせていました。

Photo_2

Photo_3

   

サッカーW杯は、優勝候補と言われていたブラジルが負けましたね。

ベスト8になると激しい試合が多いですね。

半分眠りながら見ています。

今晩は、ドイツ・アルゼンチン戦。楽しみです。

« オルセー美術館展 | トップページ | 仮名手本忠臣蔵の本 »

コメント

ジャガランダ、初めて見ます
ちょっと見はねむの木の葉と似ていますね
アザミの親分のようなアンティチョークも面白い花ですね。
ドイツ・アルゼンチン戦、
勝利の女神はどちらにほほ笑むのでしょうか
マラドーナのパフォーマンスも楽しんでいます。

サッカーは熱心なファンじゃないので日本がなくなったら見ません。
ブラジルが優勝を思っていました。

ジャガランダの花、日本でも咲くのですね?
よく旅行会社の本の表紙に載ってました。
落ち着いて初めて見ました。

やはり一眼レフだと、綺麗に撮れてますよ。

アンティチョーク、変わった花ですね。

サッカー、日本が負けてしまったら、もう
何処の国が勝っても、関係無いわ・・・
にわかファンでした。

2枚目、3枚目の写真は一眼レフカメラならではの効果が出ていますね。

昔の35ミリフィルムカメラで絞りを開放にして写すと背景がボケるよと教わって
撮りまくったことを思い出しました。
顔マークやチューリップマークもない頃でした。

ジャカランダの花、とても綺麗です。色も姿も良いですね。
お近くで見られるなんて素敵です。私はネットとテレビだけです。
アーティチョーク、大きくて豪華です。蕾美味しいそうですよ。ブログで拝見しています。

アンティチョークって珍しい花ですね。
この写真が一眼ならではの機能ですよね。
背景のボカシが素敵です。

ブラジルがオンゴールで同点なんて・・
本当に何が起こるかわかりませんね。

優勝はドイツでしょうか?

ジャカランダの花、とても綺麗です.
私はリコーのコンデジのCX1を使って花のマクロ写真を楽しんでいます。ズーム側で撮ると背景が呆けます。デジイチ頑張っていい写真を撮って下さい。

カメラは感性で撮る、なんて誰かが言ってました。アハ!やはりコンデジデは限界がありますね。

兎に角撮影枚数を多く撮り、そこから徐々にうまくなるそうですよ。

ビオラさん、こんばんは~
確かにねむの木に似ていました。初めて見ました。これからも時折出かけて、満開の時を見たいと思います。マラドーナは役者ですね。見られないのは寂しい。

★元気ばば★さん、こんばんは~
世界のトップの試合は面白いですよ。ドイツ、アルゼンチンの最後は一方的で面白くなかったです。

ラッシーママさん、こんばんは~
珍しい花だそうですね。風があってとりにくかったです。揺れるところはまだ難しいです。
世界のトップのサッカーは面白いですよ。

どんこさん、こんばんは~
勝手にぼけてくれる写真です。一歩一歩、歩まねばと思います。

kazuyoo60さん、こんばんは~
きれいな色の花が咲く木ですね。ボランティアの方々の努力の賜でしょう。

くりままさん、こんばんは~
アンティチョークもたくさん咲いていて、きれいでした。先の方が繊細できれいです。ドイツが強そうですが、わかりませんね。

多摩さん、こんばんは~
難しいです。気に入らないけれど、ゆっくりの成長記録と思って、時々アップしていきます。たまに見てくださいね。

ジャカランダの花、名前を聞くのも、見るのも初めてです!
爽やかな感じで、綺麗です

南アフリカに咲く花なんて、まさしく今の旬の花なんですね

こしあぶらさん、こんばんは~
さわやかな色でした。珍しいものを見せてもらえました。
南アは今のトレンドの国ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オルセー美術館展 | トップページ | 仮名手本忠臣蔵の本 »