2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« 湯島天神の梅 | トップページ | 「私は百歳」を読み終えて »

2010年2月26日 (金)

真央ちゃん、残念!

flag注目の女子フィギア、キム・ヨナ選手の演技は素晴らしく圧勝ですね。
韓国は強いのか、彼女が強いのか両方でしょうね。

キム・ヨナ選手はもっと小さい時、お母さんに罰としてリンクを300周しなさいと言われ

本当に300周したそうですから、相当の根性の持ち主というか頑張り屋さんですね。

残念ながら、金に届かなかった真央ちゃんも、まだ19歳、二人は、いいライバルとして、

素晴らしい競技を続けてほしいですね。

Photo

flag子供の時、市電に乗ると、左側にあった道路がいつの間にか右側にきています。
   「どうして?」
と不思議で仕方がなかったものです。
あの交差する感覚がわからなかったのです。

flag大人になってもこんな不思議感は残ります。
例えば、丸ノ内線に乗ると、地下鉄なのに、電車はお茶の水あたりで地上に出るのです。
大人ですから、なんとなくわかるのですが。
昨日の散歩でこんな光景を目にしました。

Photo_3

Photo_4 

駅の下をくぐった地下鉄がちょうど神田川の上で外に顔を出します。
やはり、百聞は一見にしかず、目にすると納得がいきます。

« 湯島天神の梅 | トップページ | 「私は百歳」を読み終えて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

注目のフィギュアースケート終わりましたね。滑る前にキムヨナのあんな点数をみたら
どうなんでしょう。
真央ちゃん頑張ったけど滑ってる時の
顔がいつもの優しい顔じゃなかったので
心配でした。転ばないでとにかく無事に
終わってほしい・・・みんなの願いでしたね。でもりっぱな銀メダルですよ。

道路が入れ替わってる?
写真を見てもよくわかりません。

若い人の全力での戦いは見ている者に感動をあたえます。終わった後のインタビューでは真央さんの感極まった様子に、こっちまでもらい泣きしました。素晴らしい演技を見せてもらって、心からありがとうをいいます。久し振りに感動しました。

やはりハングリー精神の違いかもしれません。あの状況であの演技をするキムヨナさんには脱帽ですね。

キム選手の演技はすごかったですね。
流れるようになめらかで、しかも美しいsign03
見ていて本当に感動しました。
真央ちゃんは、残念でしたね~。
自分があれだけやってきたのに、晴れ舞台で力を出し切れなかったことが悔しかったのでしょう。わたしももらい泣きしました。
若い人たちが力いっぱい頑張る姿は、美しいですね。

銀メダル、ちょっと残念ですが、頑張られたと思います。3人とも感動をありがとうです。
地上を走る地下鉄ですか。何かで話題になっていましたよ。私は遠方で現物は知らないのですが。

こんにちは~ribbon
真央ちゃん、銀を獲りましたね~。
ですが、おめでとうといっていいのか、残念だったね~といっていいのか・・・複雑な気持ちです。
4年後は絶対金と獲ってくれそうですね。happy01

大阪にも地下鉄と私鉄が合体している電車が合って、地下から地上にあがる電車があります。乗っていたら暗いところから急に明るくなりますね。(笑)

ringpomodoro0208さん
結果がわかってみたのですが、ライブだったらドキドキだったでしょうね。キム・ヨナが完璧すぎましたね。真央ちゃんはこれから、もっと大人になって伸びそうな気がします。
ほんと、立派な銀メダルですよね。

ringクッキング こめぞうさん
みんな素晴らしい演技でしたね。ものすごい、練習、努力の結果でしょう。感動をありがとうですね。これからもっと飛躍しそうな真央ちゃんですね。

ring多摩さん
強い精神力です、真央ちゃんは完璧でもキム・ヨナに勝てたかどうか、ほんと、脱帽です。

ring青空つばめさん
あれだけ完璧な演技ができるなんて人間業とは思えないくらい。真央ちゃんはトリプルアクセルは完ぺきだったのに。体に相当負担がかかるのでしょうね。これからもまた感動する演技を見せてくれるでしょうね。ありがとうです!!

ringkazuyoo60さん
みんな素晴らしい演技でした。感動しましたね。変なところを不思議に思うんですよ。

ringわたし的日常さん
結果を聞いた時やっぱりと思うも真央ちゃんに金メダルがきて欲しかったですね。彼女はこれからももっと伸びて行きそうで楽しみにしています。
本物の滑りを見たいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 湯島天神の梅 | トップページ | 「私は百歳」を読み終えて »