2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« ロケの準備風景 | トップページ | 冬のライン »

2009年11月23日 (月)

国際千葉駅伝

国際千葉駅伝は1988年から始まり、このときは瀬古選手の引退レースとなりました。

2007年から、男女混合の大会となりました。

久しぶりの駅伝観戦です。2区と3区の両方が見られる駅のそばで待ちました。

テスト撮影。先導のパトカーと中継車はちゃんと写っています。

Photo  Photo_2

この調子と思ったのが甘い、先頭の日本選手と2位の選手は影も形もありません。

3番目の選手からやっと画面に入るようになりました。
3位の学生選抜の選手です。

Photo_3

我が千葉選抜の選手は5位で通過です。

Photo_4

ルーマニアの選手の筋肉はすごい。

Photo_5

向こう側へ渡って3区の男子選手をカメラに・・・と思っているうちにもう男子選手が

走ってきます。
「竹澤だ!」の声にカメラを向けても人の頭のずっと先の方です。カメラはあきらめました。

応援の拍手をすることにしました。1枚だけ。 

Photo_6

帰り道、学校の裏庭に皇帝ダリアが咲いていました。
写真を撮っている方に名前を教えたら
「校庭に咲いているから、こうていだりあ ですかな」
とダジャレが返ってきました。

Photo_7

今回は日本のトップクラスの選手を揃え、優勝です。
上野裕一郎   小林祐梨子   竹澤健介   赤羽有紀子   佐藤敦之   中村友梨香
の6選手です。

学生選抜のアンカー 吉本ひかり 選手はヌレデバ選手を抜いて区間賞と大健闘でした。
学生選抜が2位、千葉選抜が4位と日本勢は大健闘の2009年大会でした。来年も期待したいものです。

Kazu
    (kazuyooさんからお借りしました)

    
   
 

« ロケの準備風景 | トップページ | 冬のライン »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます~
mokaさんスポーツ通の大好きさんですね~
素敵です~
選手を追うmokaさんの姿を想像しましたhappy01
生まれはどちらもお隣の兵庫県ですが、中村友梨香さんは天満屋、小林祐梨子さんは岡大で岡山です~happy01

生で応援でしょう。迫力満点ですね。
皇帝ダリアの豪華なこと、良い日に最高の状態で咲いてくれましたね。
ヌレデバ選手を抜いて戸は、大健闘です。パチパチパチ。

皇帝ダリアは名前のとおりに咲き誇ってますね。
青空にとても映える色です。

駅伝の季節ですね。
熊本でも都大路を目指しての高校駅伝が
ありました。
今回は市内の高校が三校出場します。

run とんちゃん
カメラを持って追っかけても難しかったです。みなさんかっこいいですね。小林祐梨子さんは目の前を駆け抜けていらしたのですが、カメラ片手でよくわかりませんでした。後でテレビで見ていたらとってもいい選手なんですね。

run  kazuyoo60さん
皇帝ダリアは青空に映えてとってもきれいでした。王者の風格?選手の皆さんは速い、あっという間に駆け抜けていきます。

run くりままさん
青空は素敵な背景で花を引き立てますね。
今年の高校駅伝は60回大会で地区予選を勝ったところも出るそうですね。熊本県から3校もとは応援のし甲斐がありますね。まず熊本県を応援ですよ。

マラソン生で見たことないので見たらきっと興奮
するだろうなぁ~ってmokaさんのブログ見ながら
思っています。
寒い中応援にお出かけのmokaさんのスポーツ愛好家
に拍手です。

コウテイダリア・・・校庭に咲いてるからコウテイダリア・・・ウン・・・うまいダジャレ座布団一枚・・・。

テレビの中継を見ながら
mokaさんのことを思いやっていましたよ。
やっぱり生でご覧になっていましたね。

迫力があったことでしょう。間もなく福岡国際マラソンの季節です。1回だけ見にいきました。

run pomodoro0208さん
実際の駅伝はやはり面白いですよ。カメラは邪魔でした。昔東京国際マラソンを見て世界のトップランナー(イカンガー選手でした)と大学生のスピード差に目を見はりました。
皇帝ダリアは青空に堂々と映えますね。

run どんこさん
家のすぐそばを通るので大体いつも見に行きます。今年は豪華メンバーの日本でした。子供の頃は九州一周駅伝が家の前を走っていたのです。ちょうど広島庫夫選手で感動したのを覚えています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロケの準備風景 | トップページ | 冬のライン »