2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« トキめき新潟国体 | トップページ | 聖地チベット~ポタラ宮と天空の至宝 »

2009年9月29日 (火)

鉄137億年の宇宙誌

137 「鉄137億年の宇宙誌」という珍しい展示をみてきました。
東京大学総合研究所博物館で展示されていて、無料です。
東大の先生方がわかりやすく説明されるビデオが数か所流されていました。

それでもむずかしくわからないことだらけですよ sign02

鉄は137億年前、宇宙誕生後、大きな恒星の内部で核融合によって生まれたのだそうです。
鉄は地球の重さの3分の1もあるのだそうです sign03

純度99,9998%の鉄は柔らかく、錆びないそうで、きれいな銀色でした。

地球内部の鉄は磁場をつくって宇宙からの放射線を防いで人類を守ったり、

血液を運ぶのに役立ったり、植物の生育にも必要だったり、

ビルや、車や飛行機を作る材料というイメージだけでない鉄の力を

たくさん知らされました car airplane building

冷蔵庫くらいの白い箱がありました。
「中を開けてごらんください!! 写真撮影もOKです。
夏休みの宿題に役立ててください」

  ・・・ブログに役立たせていただきましたよ。

Photo

左のイネは鉄を十分に吸収できない土で育てられたのです。
こんなに鉄が植物の生育に影響を与えるのです。
地球の陸地の67%はこんな土壌なんだそうです。

東大の古い建物を見たり、三四郎池を通りながら上野へ向かいました。
さすが東大、広く、大きなキャンバスです。

Photo_2

Photo_3

« トキめき新潟国体 | トップページ | 聖地チベット~ポタラ宮と天空の至宝 »

散歩」カテゴリの記事

コメント

硬~いだけのイメージだった鉄がとてもやわらかく
感じられました。

鉄というと赤く錆びた鉄屑などをすぐ思いますが
純度99,9998%なんて聞くと貴金属みたい
ですね。mokaさん良い勉強をされましたね。


稲の違いを見てびっくりしました。
ヒトも鉄分ちゃんと摂らなくてはね。happy01

天下の東大
一度は足を入れたいものですね。
展示校内はオープンですか?

club くりままさん、鉄のイメージが変わりましたよ。鉄を作りだす実験もされたそうです。小さいけれど。鉄分不足なんて言いますが・・・体の中にも鉄はイメージがあわないですよね。

clubおーちゃん、イネの生育の違いには驚きました。赤ちゃんが体内にいる時よく鉄分不足になりますね。若いママさんには教えてあげたいですね。

club 元気ばばさん、歩いている学生が頭よさそうと思いました。誰でもはいれるのですよ。人も少なくゆっくり見れました。

高純度の鉄は銀色で柔らかいのですか??
以外でした。

私達女性にも、鉄分は大事な栄養素ですが
土壌にも、当然ながら必要でしょうね。
天下の赤門をくぐってのお勉強、羨ましいです。

東京の友が駒込にすんでいて良く車で東大の赤門前を通りました上野に抜けたりしながら??とん子は都内は走れません??

鉄の話なんて堅そうで脳が働かないような感じですが??mokaさんは良く色んな所に行かれますね??
感心しています。

恥ずかしながら、東京にずっ~と住んでいるのに
東大には縁が無く、一度も行った事がありません。

mokaさんは趣味が広く、色々な所に出かけてはブログに載せてますね。
いつも感心しながら、そうなんだと勉強させて貰っています。

「鉄137億年の宇宙誌」なんて、最初から難しそうで敬遠してしまいますが、mokaさんの説明で私が思っていた以上に、あちこちに役にたってるのですね。
又一つ、お利口になりました。

純鉄はさびないのですか。銀色!、初めて知ります。
鉄は一番身近な金属ですね。我が家の井戸水はアオサビというのかな、綺麗な透明の水で、子供のころは飲み水でした。鉄分を含んでいると聞いています。今は花木の水やりに使っています。
67%も鉄欠乏地なのですか。淡水はもっと少なく、地球上の水の0.8%しか無いそうですね。

お久しぶりです。私のところへコメント頂きました。有難うございます。実は絵の具・・・鉄がなければ色はないとも言えます。勿論、酸化鉄の茶色は、鉄そのものでしょうけど、他にも土に混ざった鉄を生で、ローで、あるいは焼いてバーントで・・・まるでお肉みたいですけど。バントアンバーとかバーントシエナ。ローアンバー、ローシエナ・・
黄色も確か鉄だったような???ちょっと手元に資料はないんですけど。絵の具の成分とかの事は、余り考えたことないんですけど・・・色一杯の此の世界、鉄に感謝します。

club flower314さん、純度の高い鉄はアルミホイルを丸めかためたような感じでした。東大も学内は誰でも入れました。

club とん子さん、赤門前の通りはうるさいですね。懐徳門というところから入りました。夫が見つけてくるのでお付き合いです。あとでは退屈して椅子で居眠り。

club ラッシーママさん、これもお付き合いです。毎日が日曜日ですから。無料で楽しませていただいてありがたいです。ちょっと退屈もしますがわかるところだけつまみ食い。あとは休憩です。
鉄のイメージが変わりました。

club kazuyoo60さん、鉄がこんなに身近とは改めて思い知らされました。淡水ってそんなに少ないのですか。海水が大半なのですね。

club 山口ももりさん、そうなんですか、絵具もねえ。東大の先生もそこのところは触れていませんでした。鉄がないとみんな生きていけないのですね。

「鉄137億年の宇宙誌」という難しそうなタイトル
最初から敬遠してしまいそうな場所にお出かけになるという
好奇心をお持ちなのがまず素晴らしいですね
硬いイメージの鉄ですがその隠された働きに驚きました
植物の成長にも大きな影響があるなんてびっくりですが
考えてみれば人間だって鉄分は必要な栄養素なのですよね

鉄の事をいろいろ勉強されて、よかったですね・。

club ビオラさん、くっついて行っただけですが、行けば面白いものですね。
ひとり熱心に見ていらっしゃる同年代のご婦人がいらっしゃいました。「どんなかただろう?」とちょっと興味がありました。

club 多摩さん、硬いものが結構柔らかいと感じました。

こんにちは~
鉄って、地球規模で役に立っているのですね~。flair驚きました。貴重な知識をありがとうございました。happy01
稲が鉄分を吸っている絵がかわいいですね。(変なところを見ているわたしです。coldsweats01)

club わたし的日常さん、こんなに鉄がいっぱいで役立っているとは、普段考えませんね。日常さん、私もこの可愛い絵に惹かれました。これは少し暗い写真だったけれど可愛かったですよ。東大の先生方にも親しみを覚えます。

鉄が植物の生育にこんなに影響があったなんて
びっくりです。
鉄のこと何もしらず鉄くず位しか頭に浮かびません。

こんな事だから東大なんて全く縁もないんだわ。

mokaさん色んな勉強に興味を持って参加される
好奇心旺盛さに感心させられます。

club pomodoro0208さん、鉄分の過不足であんなに成長に差があるのは驚きでした。東大に縁のある人は一握りですよ。でも誰でも構内には入れるのですよ。
知りたがりというところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トキめき新潟国体 | トップページ | 聖地チベット~ポタラ宮と天空の至宝 »