2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« 港の散歩 | トップページ | 鎮魂の祈りをこめて商船の模型150隻を再現 »

2009年8月 7日 (金)

タイの美しい布

            Tainuno

千葉市美術館の 祈りをつづる染と織 「タイの美しい布」へ行きました。

ちょうど学芸員の方の説明が始まるところで一緒に参加させてもらいました eyeglass eye 

普段は「きれいだなあ」 「こんな模様があるわ」という程度の見方ですが、

今日はいろんな勉強をしました。

flag 「タイの美しい布」というタイトルだけれどもこれは国としてのタイというより「タイ族の・・・」

という広いくくりで集められた 故瀧澤久仁子さんのコレクションです。
絣やつづら織のような技法で宗教的な意味合いのある柄、模様です。

今でも通用しそうなしゃれたデザインも多くあります。

flag 学芸員の方の説明でたくさんの知識を得ました。
  ◎ 「タイ族」は遠い古代に北方から移動してきて現在のタイ・ラオ
     ス・中国・ベトナム・ミャンマー・インドに住む民族のこと

  ◎ 山岳に住む民族や他国から攻められるようなところに住む民族
    は機織りができないので、刺繍やアップリケが多いこと

  ◎ 服の打ち合わせに右上前、左上前とありますが、洋服のよう
    な右上前は漢族の影響の強いところで他のタイ族は日本の
    着物のように左上前でした。

  ◎ アジアは植物の成長がよく、織物が盛んなのでたくさんの布を
    使って体に巻きつけるように身につけている。西洋の洋服は
    立体裁断になっているけれど、それは織物がなく毛皮などを
    使うので布切れが小さくつなぎ合わせるしかなかったから。

flag タイの美しい布の写真など詳しくは下記のサイトをご覧ください。

http://www.ccma-net.jp/exhibition_01.html

Yakouboku

去年、友人にもらったヤコウボク(夜香木)が花開き、香りが漂ってきています。

« 港の散歩 | トップページ | 鎮魂の祈りをこめて商船の模型150隻を再現 »

美術館等」カテゴリの記事

コメント

何でも知ってから見ると又違った見方が出来ますね。
この写真を見るだけでも綺麗!!
東洋と西洋の裁断も植物で変わってるんですね。

mokaさん こんばんわ!!
伝統のある織物とか布は、永遠に変わらない魅力がありますね。
素材、織り方、模様・・・その土地ならではの伝統文化ですよね。
学芸員さんの説明、いろいろ知らないことを教えてもらい私もなるほどです。

次男のインターハイが終わりました。
もう少しいけたのに・・・・という気持ちがちょっぴりありますが、実力どおりの正直な結果かなとも思います。
やっぱり大きな大会に出たということはいい経験です、いっぱい感動を味わってきました。

こんばんは~
きれいな布ですね。落ち着いた色合いが素敵です。
ヤコウボク、星型でかわいいですね。cute

服の打ち合わせも民族によって違うのですね

ご紹介のサイト拝見してきました。
こんな展示会はなかなか観る事は
できませんね。

夜香木ってどんな香りがするのでしょう!

タイの絹織物やロウケツ染めなど、素晴らしい布を見ています。感性が似ているのかなと感じたりしますね。ヤコウボクをお持ちなのですね。我が家のも貰ったのが先日から咲いています。素敵な香りです。

 手の込んだ 美しい布 見に行ってみたい!  打ち合わせは右左と 難しいですが 民族によっても違うんですね。こういう展示が こちらにも回ってきますように。
 浴衣の打ち合わせが 反対の子を 二人見ました。一生懸命 立ち働いていたので 黙っていました。

アジアらしい美しい布たち…
やはり、私達の年齢になると西洋の物よりこういった物に心が落ち着きます。
目に飛び込む華やかさはありませんが、丁寧に織り込まれたしっとりとした美しさで…
箪笥に入ったままの着物が頭をちらつきました。
こういった布を纏った人間の動きも想像すると楽しいです。
夜香木というのですか?
清楚な姿ながら、強い香りがこちらまで届くような…

★元気ばば★
ジャスミンににていますね。
いい香りがこちらまでだだよってきます。

へ・え・え・・・・いいなあ。人間って不思議ですねえ。身近にある素材を本当に上手に利用して、実用に供し、そこに美を作り出していく。民族独自の美が生まれて積み上げられていくんですよね。それこそが文化、叡知の結晶なのでしょう。私も近かったら見たい展覧会です。皮とは違うデザインの服になるというのも面白い発見でした。

t-shirt くーこさん、西洋は織物に使うような植物などが栽培できなかったのですね。南のほうは違うかも知れません。

t-shirt GANちゃん、伝統ある織物は魅力あるし、柄がとってもしゃれたデザインになっているのですよね。眺めているだけでほっとします。学芸員さんはこの織り地のスカートを身に着けていらっしゃいましたが、黒のTシャツと合わせて素敵でした。
次男さん、残念でしたが、GANちゃんたちは感動をもらえて幸せでしたね。

t-shirt わたし的日常さん、シックな織物を楽しみ、夜香木も咲いていい一日でした。

t-shirt くりままさん、そうですね。和服と洋服は打ち合わせが違いますものね。夜香木はかんきつ類のような強めの香りですが、昨日はあまり香りませんでした。

t-shirt  kazuyoo60さん、日本の絣に似たところが多々ありました。
夜香木の香りが薄かったのですが。

ヤコウボク、綺麗ですね。

私もサラリーマン時代1年半バンコクに住んでました。タイシルクはいいですねー。

t-shirt 小紋さんの裂き織りと相通ずるものもあるでしょうね。日本でも昔は自分の家で織っていましたがそれと通ずるものも感じられました。去年はインドネシア更紗でしたがそれも良かったです。

t-shirt とんちゃん、確かに落ち着いたいい色合いです。葬儀の時棺にかけたりもするそうです。中国に近いほうはちょっと派手な色遣いです。日本の着物も豪華な絹織物から素朴な木綿のものまで多彩ですよね。

t-shirt 元気ばばさん、確かにジャスミン似です。香りもそうかな。

t-shirt 山口ももりさん、紡ぐ糸も染料も身近な材料が使われていますね。アジアはやはり気候風土、宗教、感覚が似ているので、日本との似たところもたくさんありました。見ても落ち着きます。

t-shirt 多摩さん、これはタイシルクとは違うんですが良かったです。タイシルクも素敵ですね。小物入れでいただいてその
手触りのよさに魅せられました。

名前だけは知っててもなかなか
ここまではわかりませんね。
初めて知りました。東洋、西洋の違いも
聞いてなるほどって・・・。

タイシルク・・・と言えばはるか昔の事
主人が勤務先からの旅行でタイに行った時
土産に黄色いタイシルクの生地を持って帰えりました。
その生地でワンピースを作ったのを思い出し
ました。少し折り目があって肌さわりが
よく気持ちよかったです。

ヤコウボクの香りいい香り?

タイといえばシルク?・
タイ土産にスカーフとか??小物とか??
シルクの洋服もいいですね??

今体操に若いタイのお姉ちゃんが来ています
その子洋裁をしてるんですが?・向こうのは安いですといっていました??

今度タイのカレーご馳走しますと約束してるんですが??

海外行ったことがないので実際にいかないと何だか解らないんです。

変なコメントでごめんなさいね!!

t-shirt pomodoro0208さん、タイシルクのワンピースは素敵でしょう、今もお持ちですか?
このタイの美しい布はもう少し素朴な日常に使われる感じのものでした。

t-shirt とん子さん、タイシルクは日本のシルクよりやわらかそうですね。
スカートになる布を売店で売っていましたが確かに安かったです。
タイカレーはインドとは少しつがうのでしょうね。私もタイは知らないのですが・・・行ってみるとまた印象が違うでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 港の散歩 | トップページ | 鎮魂の祈りをこめて商船の模型150隻を再現 »