2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« 初夏の暑さでした~ | トップページ | おひなさまとさげもん »

2009年2月21日 (土)

九州へのたび

こちらで葬儀を行った義父ですが、生まれ故郷の九州で七七日忌を行い、お寺さんに納骨してきました。

お骨を全部おさめる関東は九州と違い骨壺が大きいので九州まで連れて帰るに当たって

はなかなか大変でした。どうやったらいいかネットなどでいろいろ調べました。
航空会社やJRなどにも問い合わせたりしました。

「膝の上におくか、床に置くか、ただ、他の方にそれとわからないようにしてください」
というのが大方の返答でした。
チェックインした後の保安検査は抱っこして一緒に通るのです。
ネットで見つけた、紺色の中がわかりにくい、お骨バックを買ってその中に入って

飛行機で九州まで一緒に帰ってもらいました。
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/sato1976/kokoro/komattakoto/kotsubag.htm

23年ぶりにあった二人ですが、今頃懐かしくおしゃべりしているかなと・・・と想像しています。

飛行機に乗る前の羽田空港で見た富士山です。
羽田はこんなにいいお天気なのに札幌空港は雪で、航空機材のやりくりで

熊本便が欠航したり、私たちの乗る福岡便も1時間ほど遅れました。

Photo

« 初夏の暑さでした~ | トップページ | おひなさまとさげもん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

納骨だったのですね。
無事九州に帰られてお義父さまも
安らかに眠られることでしょう。

予報程は冷え込みも酷くなく良かったですね

南は暖かで北は風雪とこんな時は
日本って広いんだと思います。

他の方に分からないようにですか。無事に納骨を済まされて、ほっとなさったでしょう。合掌。
23年ぶり?、先に逝かれたのですか?。
羽田からも富士山が!、1~2度行ったはずですが、富士山は気が付きませんでした。これだけはっきり見えたのなら、私も気が付くはず、きっと見えない日だったのでしょう。

そういうご事情での里帰りだったのですね。
遺骨の移動についていろいろ勉強になりました。
やはり生まれ故郷に納骨できるというのは
何かほっとしたものを感じますね。
きっとお義父様もそう思っていらっしゃることでしょう。

もしかして、お寺さんは正楽寺なのでしょうか。

飛行機の便も遅れてたいへんだったのですね。無事に納骨されてほっとされたことと思います。
以前は骨壷を抱いた方を乗り物で見たのですが、気がつけば最近では見ない光景になりましたね。

九州へは納骨の旅だったのですね
飛行機の遅れはあったものの無事納骨されてほっとなさったことでしょう
お骨バックなるものがあるのですねぇ、なるほどです。
23年ぶりの会話きっと弾んでいることでしょう

cherryくりままさん、無事終わりホッとしています。北国は寒く雪が降っていますね。千葉と九州の寒さはあまり変わりませんね。

cherrykazuyoo60さん、義母は64歳で早かったのです。私と同じくらいです。行きも帰りも富士山がよく見えましたよ。

cherryどんこさん、お骨の移動はけっこう困っている方が多いようです。私たちの代までは故郷を懐かしがっても、こちらで生まれ育った子供たちはそうでないかもしれません。
お寺は大牟田の勝光寺です。実家は川登の元正寺です。

cherrymucaさん、おかげさまでほっとしました。車での移動の方が多いのでしょうね。若い時のように長距離は怖くてできませんでした。

cherryビオラさん、困る方がいるので作られたのでしょう。役に立ちました。
おばあちゃんがやっと呼んでくれたのかなと話しています。

お帰りなさい。無事におつとめを済まされ
おつかれ様でした。
そういうご旅行だったんですね。
やはり客商売となると色々大変なんでしょうね。でも無事におふたりが23年ぶりに
会われたとか・・・長い間お一人で淋しかったでしょうね。

納骨の旅だったのですね。
色々と大変だったですね。
そんなバックもあるのですね~~。
おつとめも無事すまされてよかったですね。
23年ぶりの再会だったのですね。
きっと今頃話しがはずんでいることでしょう。羽田空港から富士が見えるのですね~~。ベストショットでしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初夏の暑さでした~ | トップページ | おひなさまとさげもん »