2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« リニューアルされた川村記念美術館 | トップページ | ハイスピードカメラ »

2008年11月26日 (水)

レッドクリフ

Photo_2

有名な三国志を基にした壮大な映画です。
魏の曹操と戦う蜀の周瑜と劉備の軍師孔明を中心に描かれます。

製作費100億円をかけたというだけに迫力があり、壮大で、楽しめる映画です。
中国や台湾やモンゴルの俳優さんが出ていますが、みなさん、力強くて、かっこよくて、うまい俳優さんで魅力がありました。日本人では中村獅童さんが出ていましたが、溶け込んでいましたね。

もう20年以上前、吉川英治の三国志を読みましたがすっかり忘れています。
面白くて2カ月ほどで読み終わった記憶だけです。
もう一度読んでみようかな。

「三国志にまつわる故事成語」が下記のサイトに紹介されていました。

http://redcliff.jp/sekiheki/index.html
レッドクリフのオフィシャルサイトの中の「赤壁とは?」です。

普段、よく耳にするような言葉が多いんですね。

  「三顧の礼」          Photo_3
  「水魚の交わり」
  「苦肉の策」
  「老いて益々盛ん」
  「泣いて馬謖を斬る」
  「危急存亡の秋(とき)
  「破竹の勢い」

豆知識の中の諸葛孔明の発明品として面白いことが紹介されていました。饅頭です。

「川の氾濫を沈めるために川の神へと人柱を立てて、人の首を川に沈めるという風習を改めさせようと、孔明が小麦粉で練った皮に肉をつめ、それを人の頭に見立てて川に投げ込んだところ、川の氾濫が沈まったことから饅頭が生まれたという説があるのだそうです。」

« リニューアルされた川村記念美術館 | トップページ | ハイスピードカメラ »

映画・演劇」カテゴリの記事

コメント

レッドクリフ見ましたね。
私も行こうと思いながら何か難しそうかなと敬遠してます。
やはり見てみようかな?
饅頭の意味はそうなのー
食べる時思い出さないようにしよう!!
故事成語
聞く言葉有りますね。
意味をもう一度見てみる事にしよう。

三国志はテレビアニメを見ていました。勇壮で明快ですから、文句なく楽しめました。
この映画のうわさは聞いています。再度ですか。感動をたくさん貰われましたね。

もう観たのですか?
先日中村獅童さんがテレビに・・・制作宣伝
だったんですね。
歴史物に疎く情けない限りです。
誰に似たのかなぁ~?母に似ると良かったのに。
韓国ドラマ観ててもよく格言が出てきますね。

話題の映画、もうご覧になったのですね。
わが町に映画館がないのは当然ながら
もう大牟田市にも玉名市からも消えて久しいです。

映画見るには博多か熊本市近郊まで出かけなければならなくなりました。

読書の好きな孫(高1)は中学時代から「曹操」のペンネームでコメントしてくれていましたが、今は忙しく音沙汰なしです。

私も三国志は好きで北方謙三さんの本を
文庫本で読みました。
読みながらワクワクして次の発刊が
待ち遠しかった事を思い出しました。

本を先に読むと映画を観てがっかりする事
がありますがこれは面白そうですね。movie

三国志のお話は断片的にしか知らないので
一度しっかり本を読んでみようとは思うのですが
その長さに圧倒されてなかなか手にとれません
映画で要約された話を見てから読むといいかもしれません
美味しいお饅頭の陰にそんな理由があったなんて・・・


レッドクリフは話題ですね。
続編?を含め、期待しています。
三国志は横山さんの漫画で読みました。

horseくーこさん、見ましたよ。レッドクリフ。三国志は知らなくても楽しめます。出てくる俳優さんがみんな男らしくてかっこいいですよ。

horsekazuyoo60さん、テレビアニメでもやっていたのですか。中国は大きいなあと思いました。

horsepomodoro0208さん、子供たちがみんな面白いよと言うので夫と出かけました。珍しく面白いと楽しんでいました。壮大な中国を感じました。

horseどんこさん、妹が映画館がなくなったと嘆いていました。レッドクリフはやはり劇場で観るものですね。せめて熊本と福岡の間にひとつはほしいですね。読書好きのお孫さんも勉強に忙しいのでしょうか。
夏の母の1周忌で従兄や兄弟で三国志の誰が好きかで盛り上がりました。

horseくりままさん、北方さんの三国志もあるのですね。私は吉川英治で読みました。本を読んでいてガッカリしませんよ。

horseiyukachiさん、続編が待ち遠しい感じです。

horseビオラさん、読んでもすっかり忘れています。電車通勤になり、本を読めるとうれしくて一気に2ヶ月で10巻読みましたが、今はもう無理ですね。

私も若いころ読んだ記憶が、、、うろ覚え
寒くなったら映画でも大人しく見ましょうか(*^.^*)
話題のレッドクリフ見ようとは思っていました。

すっかりクリスマスバージョンですね。
きれいです。

そうですね、「三顧の礼」などは、今の若い人は知らないかも知れませんね。
三国志は曹操・劉備・諸葛孔明など、魅力的な人物が登場し、背筋を伸ばして読んだ気がします。再読してみたいです。

horse☆さん、こんばんは。
映画はやはりわかりやすいけれど、それでもあの顔は誰だっけ。時々名前の字幕が出て助かりました。

horseflower314さん、私も読み返したいと思っているのですが、名前だけで混乱しそうな気もしています。

三国志は大好きです。
レッドクリフは赤壁の戦いのことですか。
三国志に登場する武将の中では(書かれ方のせいでしょうが)趙雲が好きで、司馬懿仲達も好みのタイプです。
饅頭はチャングムの誓いにも出てきましたね(って、あれは韓国のドラマですね)。wink

horsemucaさん、赤壁の戦いです。
なかなか面白い映画でした。俳優でも趙雲を演じた人は地味でしたがとっても印象に残りました。きっと描かれた人物が魅力あるからですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リニューアルされた川村記念美術館 | トップページ | ハイスピードカメラ »