2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

南北奉行所跡を訪ねて!

縄田一男さんの「大江戸ぶらり切絵図散歩」を参考に南北奉行所跡を訪ねて散歩しました。

foot まず、南町奉行所を訪ねて・・・
有楽町マリオンの前にあるはずの碑が見つかりません。
著者の真似をして交番で尋ねたら、
「有楽町前のイトシアができたのでなくなりました。地下へ降りるとありますよ。」
と親切に教えてくださいました。

Photo

Photo_2

大岡越前さまもこんなおしゃれな女性たちが闊歩しているとは夢にも思っていらっしゃらないでしょうね。

Photo_3

foot 次は遠山の金さんの北町奉行所跡です。
本には国際会館の前あたりと書かれていますが。
今は新しい大丸デパートがたっています。

また交番のお世話になり、やっと見つけました。
大丸デパートの端っこの方、それもちょっと隠れた通用口のあたり。

2

Photo_4

こんな隅っこで遠山の金さんがちょっと可愛そうになりました。

noodle お蕎麦屋さんでお昼をいただき、次は八丁堀へ。
「八丁堀の旦那・・・」と時代劇でよく聞く
与力、同心たちの住む町です。
その前は寺町だったそうです。

与力組屋敷あとと地図でしるされたあたりの今です。

Photo_5

あちこち訪ねながらの「大江戸ぶらり散歩」は約15000歩の十分な散歩でした。

番外編

Photo_6

先日のテレビでニューヨークではお昼時、屋台が出て賑わっている様子を伝えていましたがわが国でも、国際フォーラムのところに7,8台出て賑わっていました。

Photo_7

有楽町駅前にこんな可愛いタクシーが・・・・・
自転車のように漕いで走ります。二人乗りです。

2008年10月30日 (木)

水中ウォーキング、効果あり

Photo

去年は腰や股関節の不具合で右脚が痛く、びっこを引く状態で整形外科で治療を受けていました。
一年間通ってずいぶん改善しました。
それでも右脚の力が弱いので、水中ウォーキングをすればいいかなと思い、スポーツジムに通い始めて3ヶ月たちました。
週2~3回くらいのペースで、20分くらいです。
初めの頃は歩けば右脚のすねの外側や、右脚の甲が痛くなっていたのですが、今では痛くなることはほとんどありません。
大またでも歩けるようになりました。

とってもうれしい効果です。 happy01

台所にちょっと長く立つと、右脚が痛くなっていたのですが、今はそんなことも滅多ににないので、いただいたサツマイモでスィートポテトを作りました。
体重増加の危険がありますが、負けてしまい、ついおなかの中へ。

水中をひたすら20分ほど歩くのは単調ですが、効果があると思うと続けられるものです。
おチビさんたちのスイミング教室と重なり、可愛い姿を見ながら歩くと結構楽しいものです。

Line_yacht1
   (海の素材集さんからお借りしました)

2008年10月28日 (火)

今年の激しいお天気、景気

upwardrightPhoto

昨日のお昼過ぎの空です。sun
青空に白い雲、少しむくむくとした白い雲もありました。

天気予報は夕方から曇るでしょう。cloud

ところが、夕方は激しい雷雨だったそうです。rain thunder
ずっとビルの中にいたので知らなかったのです。
帰るとき確かに道路はぬれ、水溜りもありました。

こんな天気は夏で終わりかと思ったのに
秋になっても激しい雨、雷雨があります。thunder rain

世の中は株の暴落、円高、ドル安、ユーロ安など大変です。
歴史で習った1930年ごろの世界大恐慌が頭をよぎります。
そんな大変なことにならないよう、願うばかりです。

お天気も景気も激しすぎます。upwardrightdownwardrightupwardrightdownwardright

今日の夕焼けです。こんなにきれいに穏やかであってほしいです。

Photo_2

2008年10月26日 (日)

生姜の佃煮

芋ほりに行って、生姜をたくさんいただいたので
生姜の佃煮を作ってみました。
パソコン仲間のM子さんからおしえてもらったレシピです。

Photo_5

生姜をたわしできれいに洗いました。生姜は 500g です。
小さいところに泥がありけっこう大変。

この後、薄切りにして2,3回塩水で洗います。

鍋に生姜を水から入れ、強火で3分ほどゆで、水を切ります。

Photo_6

砂糖 150g、 酒 125cc、 醤油 125cc の中に生姜を入れ、沸騰するまで強火で焦げ付かぬようかき混ぜます。
後は中火で汁がなくなるまで焦げ付かないようかき混ぜます。
(30分から50分くらい。生姜によって違うそうです)

セリーグのクライマックスシリーズ、巨人、中日戦をラジオで聞きながらかき混ぜていましたが20分もすると退屈してきます。

Photo_7

ビールで気合を入れなおして、ひたすらかき混ぜます。
汁のほうも心細くなり、お鍋にもお酒を追加して飲ませました。

かき混ぜること40分、もういいかなと・・・・・
鰹節 5g を入れ、もう少し炒り煮してどうにか出来上がりました。

Photo_8

しばらく、お酒のつまみやご飯のお供になりそうです。

2008年10月25日 (土)

芋ほり

以前の職場の上司の方が毎年芋ほりに招待してくださいます。
昨年は参加できず、2年ぶりです。

今年は芋の出来がとってもいいのです。
たくさん雨が降り、晴天も続いたからのようです。

Photo

移植ごてと比べると大きいのがお分かりでしょう。
移植ごてに乗っかったお芋はハロウィーンのかぼちゃにそっくりです。

Photo_2

農薬をあまり使われないので芋の葉はたくさんの虫食い状態です。

Photo_3

お向かいの畑は一昨年までにんじん畑でしたが、
今年はピーナツ畑に変わっていました。
収穫した落花生が積み上げられ、自然乾燥されています。
「ぼっち積み」というのだそうです。
青いシートがかぶっている様子は初めてみました。
以前は雨よけは、わらのお帽子だったそうです。
この青いシートの雨よけ効果はとってもいいらしいです。

Photo_4

もう一箇所の畑にはウコンと生姜がたくさん植えられていました。
この芋ほりでは以前の同僚と七夕様のように1年に一度会えるのが楽しみです。

夜はサツマイモご飯にしましたが、栗ご飯に負けないくらいおいしかったです。
サツマイモのほうが優しい味かな。

Line_shinme02

2008年10月24日 (金)

エレメンツ遊び~コルクボードに写真を

Photo

以前友人から教わりました。
   ”コルクボードに写真を貼る”
という風に見えるやり方を。フォトショップエレメンツを使って。

先日のちりめんの記事で皆さんからおいしい食べ方をいくつか教わりました。

      千切りの人参と煮る Photo
      カレーに入れる
      ゴーヤ料理に入れる
      ピーマンと煮る
      新ショウガと煮る
      じゃこ飯
      かき揚げ 
などなど

自分ではなかなか思いつかないいろんな食べ方を教わり、とっても参考になりました。ありがとうございました。
これでレパートリーが増えるかな?

2008年10月23日 (木)

休耕田を生かせたら・・・

秋晴れのよい天気が続いていましたが、
今日は久しぶりの雨。 rain
お昼過ぎから降り始め、夕方には強い、雨音が聞こえてきます。

金融不安、食糧不足・・・・・downwardright
暗くなるような話題が新聞、テレビから伝わってきます。

NHKスペシャル「世界同時食料危機~食料争奪戦」という番組を見ました。

世界各国で食糧危機が訪れており、その原因に「食料のアメリカ依存」が大きかったようなのです。
食料の自給率が40%しかない日本は困ってしまいます。 
   bread riceball noodle
味噌もしょうゆも高くなったり、手に入らなくなったら大変です。

日本は、今、水田の4割が休耕田だそうです。Photo
「そんなにお休みの田んぼがあるの?」
と、びっくりです。

その休耕田で「飼料用の米」を作れば日本で必要な飼料用のえさが全部まかなえるらしいです。
このえさをにわとりに使ったら、良質の卵が出来たそうです。

補助金農政ばかりしないで本当に農業をやる体制を作る政治をやって欲しいですね。
お年寄りばかりで続けられないと言わず、
農業会社を作ったり、方法はいろいろあるでしょう。
雇用も確保されるんじゃないかしら。

Line_shinme02
  (風と樹と空とフリー素材さんからお借りしました)

  

2008年10月21日 (火)

玄海名産”ちりめん”

Photo

九州にいる友人からうれしい贈り物です。
玄界名産のちりめんです。 fish
このように箱に直接入れてある素朴さです。

友人によると「ここのはあまりさらしていないので色が黒いのよ。」
そのため、ここからいただいたちりめんは冷凍しても大丈夫なのです。
よく「冷凍すれば長く持ちますよ。」
とデパートの売り場など勧めていますが、一度冷凍され送られてきたものはイマイチなので大量買いはできません。  moneybag  moneybag

ちりめん好きの我が家は毎朝の納豆に入れたり、大根おろしと食べたり、野菜と煮たり、こんなたくさんのちりめんでも3ヶ月ほどしか持ちません。  ship 
子供は小さい時おやつ代わりに食べていました。

    fish   fish   fish   fish   fish   fish   fish   fish

2008年10月18日 (土)

今日もお散歩です

道の駅「ながら」へ。  car 
野菜が新しく安いのが魅力ですが、
午後1時を回るともう、品薄になっています。

近くの日本エアロビクスセンターへ回ってみました。
サッカー日本代表などスポーツ選手の合宿が行われます。

その中にある翠州亭の前庭を拝見。旧スイス大使館で使用された建物だそうです。
そのうちお食事をして中を拝見したいものです。

Photo

コテージや宿泊施設のあるところをしばらく散策。
栗のいががたくさん落ちていましたが、残念、中身はありませんね。

途中見つけた自家焙煎コーヒー「きまぐれMAX」の名前に惹かれて入ってみました。

Max

テラスもあり、そちらでお茶をいただくことにしました。

Photo_2

Photo_3

「季まぐれケーキ」を注文。「季まぐれ」の当て字が気に入りました。
洋ナシのケーキとチーズケーキでした。
鳥の声を聴き、木々を眺めながらのんびりといただきました。
ケーキもコーヒーも、なかなかおいしく優雅な気分のアフタヌーンティタイムでした。

2008年10月17日 (金)

散歩での出会い

秋晴れの中、近所へ散歩に出かけました。

歩道に植えられたコスモスです。

Photo

NHKの趣味悠々で花の写真の撮り方を放送していました。
「光を感じて撮るといいですよ」
と、先生がおっしゃっていたので真似をしてみました。
後ろをぼかせるともう少しいい雰囲気になるのでしょうが。

Photo_2

駅のほうへ行ったら、お昼になりお店に入りました。
まだ12時前なのでお客はご婦人が一人です。
「ここにお座りになりませんか。ご一緒しましょう。」
と誘われ、3人でのランチとなりました。
積極的な方です。
77歳とおっしゃったけれど、お若く、おしゃれで
スポーツジムにもう15年も通っていらっしゃるとか。

Photo_3

これにコーヒーがついて1000円也です。
おいしいけど味が濃く、「年寄り向きでないわね。」
お米は千葉の富里産でおいしかったですねえ。

帰り道、国道沿いのマンションの植え込みからいい香りがします。

Photo_4

白いですから、きんもくせいではなくぎんもくせいというようですね。

Loft_3 おまけでこんなことも。
レシートに¥777」

お店の女の子が
「きっといいことがありますよ。」

「パチンコ好きの人は大喜びかもね。」 

    cafe cafe cafe

2008年10月16日 (木)

青空と年金

Photo

夕べは中秋の名月。 fullmoon
サッカーを見ていて見そびれました。
一眠りし、目覚めた満月です。 fullmoon

Photo_2

今日は雲ひとつない青空です。 sun
私には雲が一個もない青空と言う方ががぴったりな気持ちでした。
全国的にいいお天気だったようです。

Ityou5_2

そろそろ老齢年金の資格者に近くなり、すぐもらうか、5年待ってたくさんもらうか意思決定をしなさいという手紙が届いたのです。mailto
具体的な判断材料がないので社会保険事務所へ相談に行きました。
幸い徒歩10分くらいのところにあるので気軽に出かけられるのです。shoe

待ち時間1時間くらいといわれましたが、実際には2時間待ちました。
今、年金問題が世間をにぎわしているので連日混むのだそうです。
中には1時間以上相談している方もいます。clock

5年間無給付状態で待っている人が
給付されている人に追いつくのは77、8歳だそうです。
ただし、5年待てば4割近く増額になるようです。 up
「絶対100歳まで長生きできるぞ」
という人はこの制度を利用すればいいかも知れません。
でも、これからの世の中の年金どうなるわからないし、
動けるうちにいただいた方がよさそうだし、
ありがたくすぐいただくよう返事しました。

Ityou5

2008年10月15日 (水)

サッカー・ウズベキスタン戦

サッカーワールドカップ最終予選のウズベキスタン戦。
後半、玉田乃ゴールで1対1。やっと引き分け。
ホームゲームなのに。down down

勝つのはむずかしい。

勝ち点4でカタールと並びながらも得失点差で2位らしい。

11月のカタール戦はぜひ勝って欲しいなあ sign03

Sac0091

また、中国産の冷凍いんげんで体調不良を訴え、入院した人がでた。
前の冷凍餃子も結局、日本は強く言えないのか
うやむやに終わっている。
今度はもう少しきちんと原因追及などできるのだろうか。

冷凍の野菜を使うことはないけれど、
外食産業など使われているところもあるのでしょうね。

2008年10月14日 (火)

ハロウィーンカード

お店にはハロウィーングッズがたくさん売られていて、
お店の飾りもにぎやかになってきました。
昨日はショッピングモールでたくさんの親子連れが並んでいると思ったら、ハロウィーンの風船を配っていました。
ケルト人の宗教的行事が、キリスト教に取り入れられたそうですが、
日本ではそんなことよりかぼちゃのお化けや魔よけに仮装をし、 
「Trick or treat!」と言ってお菓子をもらうという楽しい行事に
なっているようです。
クリスマスもそうですね。

Photo_3

All AboutのCG・画像加工の13ページにある
ペイントでお化けカボチャを描こう!
   
(2005年10月4日の記事)
を参考にカボチャを描き、クリップアートを入れたり、
文字を入れたりしてカードにしてみました。

参考サイトです
http://allabout.co.jp/internet/cg/library/mlibrary.htm?lp=13

Halloweenline23

  

2008年10月13日 (月)

お宝TV スポーツ特集

NHKのBS8時から「お宝TV スポーツ特集」という番組を
やっていました。
スポーツ放送にかけた先輩方のエピソードが
いくつも紹介されていました。

Photo 東京オリンピックで  
宇宙中継(今の衛星中継)、
テレビのカラー放送がはじまり、
マラソンの完全中継ができるようになったんですね。

マラソンの完全中継をするためにはヘリコプターで
電波を中継していたのだそうです。
今では考えられませんね。
そのためにはヘリコプターを中継車と同じスピードで
飛ばしたのだそうです。
そんなゆっくりだと墜落するので旋回しながら、
左手で操縦かんをしっかり持って飛ばしたんだそうです。
民間はどこも引き受けてくれず、自衛隊に要請があり、
そのパイロットの方は終わった後、
血尿で入院されるという過酷さだったそうです。

            大相撲では栃錦、若の花の取り組み、Photo_2
大鵬、柏戸の大一番などの映像が
流れました。
動きがありいい相撲でこれなら見たいなあと思いました。
その頃の小学生が学校や公園で
お相撲をしている映像もたくさん流れました。
昔はこんなに相撲が盛んで子供の生活に入っていたんですね。
もう忘れていました。
とっても楽しそうでした。

   bicycle   bicycle   bicycle   bicycle    bicycle   bicycle   bicycle   

2008年10月12日 (日)

ほめ上手なお医者さん

Photo_2 2年ほど前から、皮膚科に時折薬をもらいに行きます。
肘が黒くなり、少々のクリームではよくならないので
皮膚科を受診していたのです。
サリチル酸ワセリンという薬を処方してもらい、朝晩塗るのです。
少しよくなったと思ってもうっかり肘をつく日が続くと
元の木阿弥、また黒くなります。 down down down

この夏、先生のアドバイスです。
「ラップをすると薬の浸透がよくなりますよ。」

一月くらい、薬をつけた後、ラップをして包帯を巻きました。
そしてパソコンをする時肘をつかないよう気をつけました。
これが結構疲れるのです。  sweat01  sweat01
考える時、検索をする時などつい、肘を突きます。
肩こりもします。
でもそのうち肘がどんどんきれいになりました。 coldsweats01

その話をすると、先生。

「まあ、暑い夏にラップして包帯ですか、 たいへんだったでしょう。
 そうですか、わたしもいいお勉強になりました。」

とほめてくださるのです。up up

おじいちゃんの足の水虫も夫がニッパーで削り取ってずいぶんよくなり、その写真をみせたら、

「まあ、長いこと、よくやってくださいましたね。
              ご主人はえらいですね。」

また、診察の初めには、いつも

「おじいちゃんはお元気ですか?」 note note

と気遣ってくださいます。

お話は手短にわかりやすく、
      私にとってはいい、皮膚科の女医さんです。

Li_fuusen1

2008年10月11日 (土)

ダリアたちです

ダリアの切り花展には外国の品種が何点も展示されていたので少し紹介します。

Photo_3   Photo_4
スキップリーストライプ(米)         バグシャスゴルトクローネ(独)

Photo_7    Photo_8
バードピット(米)                エッジオブゴールド(豪)

次は日本の名前のついたダリアです。
なかなかいいネーミングです。

Photo_10  Photo_11
   振袖美人                     十五夜乙女

Photo_12  Photo_13
   上昇気流                    窓の雪  

   

2008年10月10日 (金)

汗ばむ秋の公園に噴水が・・・

Photo

久しぶりに青葉の森公園へ散歩に出かけました。shoe shoe

よいお天気とあって、公園には
親子連れなどたくさんの人が遊んだり、
シートを広げてお話をしたりにぎやかでした。 riceball  bicycle   

半そでのポロシャツで出かけたのに歩いていると
汗ばむどころか汗をかいてきました。
気温は25度くらいあったようです。 sweat01 sweat01

ちょうど噴水あたりへ来たら、水の音。
なんと噴水のサービスでしょうか。  sweat02  sweat02
3枚の写真をつなげてパノラマ写真にしてみました。
修正は難しいので少し色が違うのはご愛嬌です。

公園事務所の展示室ではダリアの切り花展が行われていて
めずらしいダリアがたくさんありました。

Photo_2

2008年10月 9日 (木)

ノーベル賞とジャンボ梨・新高

またまたノーベル賞受賞のニュースで明るくなります。
下村脩先生でクラゲを使っての蛍光蛋白質の発見だそうです。
奥様や学生と80万匹以上のクラゲを採取して研究を続けられているそうです。fish penguin
紫外線を当て、蛍光蛋白質を光らせながらお話なさる先生はまるで子供のように生き生きとされていました。
お二人もアメリカ在住ですが、今は日本も研究環境が格段によくなっているとお話されていたのが救いです。

Li_fuusen1

ノーベル賞のニュースに比べると質量もないようなちっちゃいことですが、我が家にもちょっとうれしいものが届きました。

郷土名産、荒尾梨です。新高という品種です。
どんこさんのブログで新高の命名の由来を知りました。

ジャンボ梨「新高」は、新潟県の「天の川」と高知県の「今村秋」という品種を交配して作られ、新潟県の「新」、高知県の「高」を取って「新高」という名前になったと言われているそうです
子供の頃は新高山登れに関係あるのかなと思っていました。
子供の頃の運動会にはいつも登場する果物でした。

ダンボールに8個、7.5キログラムと書かれています。
早速はかりを出して測ってみました。

1   2

重いのは、いびつな形、器量良しは少し軽めです。
しかしどれも900グラム台の紛れもないジャンボ梨です。
写真が悪い。左は数字を見えるようにしたら白っぽくなりました。

 ジャンボなおいしさ、とろける甘さ
               
熊本県荒尾梨

看板に偽りなしの上品な甘さのおいしい梨でした。

2008年10月 8日 (水)

久々のノーベル物理学賞受賞!!

アメリカのサブプライムローンに端を発した世界の株安、金融不安と暗いニュースが新聞紙面を占めた日々ですが、夕べのネットのニュース、今朝の新聞紙面、テレビと、日本人3人の方がノーベル物理学賞を受賞したという明るいニュースで埋め尽くされています。

Photo

受賞されたのは南部陽一郎氏、小林誠氏、益川敏英氏のお三方です。sign03
物質の根源は何かということで素粒子の研究をされた先生方ですが、私にはちんぷんかんぷんです。

南部先生・・・「研究はパズルを解くみたいだった」
益川先生・・・両手をあげながら「『うれしい』と言えばいいんだろうけ
        れどもう終わったことだよ」
小林先生のお嬢さん・・・お父さんは勉強しなさいとおっしゃいます
        か?という記者の質問に「時々言います」

こんな身近な話題ならぴんときます。

最近の学生について
  「はちゃめちゃのエネルギーを感じない」
  「科学にロマンを持つことが非常に重要。あこがれを持っていれば
  勉強しやすいが、受験勉強で弱くなっている」
とおっしゃっていることが気になりました。
この先生方に若者が続くといいですね。

こういうすばらしい出来事は何の関係もない私達の心を明るくしてくれますね。本当にすばらしいことです。up  up  note  note

俳優「緒方拳」さんは病気に立ち向かい最後まできちんとお仕事をなさったのですね。
ご冥福をお祈りいたします。映画「楢山節考」の緒方さんは強烈な印象です。

   club   club   club   club   club   club   club

2008年10月 7日 (火)

秋の空・・・眺めるのが好きです。

   天高く馬肥ゆる秋

馬(?)肥ゆるはいらないけれど、秋の空は天高く気分のいいものです。

Photo

今朝もさわやかな秋の空です。

Photo_2

公園の草むらには朝露が。その草むらから、虫の声。
夜通し鳴いていたでしょうに、疲れないのかしら。

Photo_3

公園でラジオ体操をやっていらっしゃる方々がボランティアでお花を育ててくださっています。掃除もやってくださるので歩道もとってもきれいです。

Photo_4

買い物帰りの夕方の空です。

2008年10月 5日 (日)

Tシャツをあっという間にきれいにたたむ

「なんでそんなに不器用なの?」
といわれる私に朗報が・・・・・。

ある方の仕事先のアメリカ人で「面白メール」というのを送ってくれる人がいるそうです。
その人が送ってくれたメールに朗報があったのです。
どうも伊東家の食卓で紹介されたらしいのですが、アメリカから逆輸入とは。
ご存知の方も多いと思いますが、

「あっという間にTシャツをきれいにたたむ」

まず、シャツを置き、図のようにたたみます。

 T_1_2

           T2_3  

完成です。ポロシャツも着古しのTシャツも簡単です。

Photo  Photo_3

      

タンスの中のシャツ類をたたんだら、きれいにすっきりし、取り出しやすくなりました。
後はいつまでもきれいにたたむことですが・・・・・

YouTubeで紹介されています。

http://jp.youtube.com/watch?v=a9pcoRSp9RU

2008年10月 3日 (金)

映画「おくりびと」

Photo

ちょっと重い映画かなと思いましたが、いい映画でした。
避けて通ることの出来ない死に向き合ったテーマで丁寧に描かれていたと思います。

私自身、祖父の死の時は長男出産で病院の中、祖母、両親の時は、働いていて関東と九州と離れていたので帰郷した時はいつももう納棺されていました。
「肉親の死」の場面に会ったことがないのです。寂しい気がします。

納棺師になったもっくんの社長、山崎努さんが、ふぐの白子を焼いたのを食べながら、

     「死にたくなければ食うしかない、
         
 どうせ食うならうまいものを食いたい。」

なにか心の中に入ってくる印象の強いせりふでした。

また、火葬場のおじさん、笹野高史さんのせりふ、こんな死の解釈もあるのかと思いました。

     「死は門をくぐること、私はその門番です。」

雪を被った山、庄内平野を背景に本木雅弘さんがチェロを弾く姿はきれいなシーンでした。

2008年10月 2日 (木)

10月のカレンダー

10

いつの間にか10月になり、今年のカレンダーも今月を入れ、あと3枚で終わりです。

今月はマイクロソフトのクリップアートから、「フレーム」で検索して簡単に作りました。

神様が1年のことを話し合うために出雲へ出かけてしまうので神無月と言われていますが、出雲では必然的に神在月ですね。

3日ほど雨ばかりでやっと晴れました。晴れると、風の強いことがよくあるのですが今日は穏やかな秋晴れです。
子供達の遊ぶ元気な声が聞こえています。

102

2008年10月 1日 (水)

ちょっとうれしく、楽しかったこと

Photo

グループホームへ行くと、一番しっかりしたおばちゃんがぴょんぴょんガエルを作っていらっしゃいました。牛乳パックとわゴムを使って作ります。snail
2枚の紙を貼り合わせるとき、少しだけ隙間を作るのがコツだそうです。
一緒に作らせてもらいました。
ほとんどお話をしないおばあちゃんがいらっしゃるのですが、
「ほら、ここをもって・・・・そうよ。一緒に手を離しましょう。」
と作っているおばあちゃんが声をかけられると、話をされるのです。
一番高いのは70センチくらい跳び、皆で拍手です。

 rain  帰りにお酒屋さんに寄りました。 bottle 
「雨の日によく来てくださいましたね。」
と折り紙のしおりをお土産にいただきました。
「折り方は開けばすぐわかります、簡単ですよ。」

開いて、作ってみました。
Photo_2               

 ②Photo_4








Photo_5              ④Photo_6










③の右側の三角を左の三角と裏になった紙の間に織り込むと④になります。

しおりに使ってみると、普通のしおりのように下へ落ちることもなくなかなかいい使い勝手です。

Photo_7

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »