2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« ばちぐり返す。 ばっじゃす。 | トップページ | エレメンツで和紙を! »

2008年6月26日 (木)

びわをどうぞ!!

今回の千葉演劇を見る会は運営をお手伝いする番です。お手伝いは年に1回です。

事前にはチケットの割り振りを担当し、当日は花束贈呈係でした。
房総名産のびわがシーズンとあって、花束の変わりに小さな籠に入れたびわをお渡しすることになりました。
担当は5人。間の休憩時間に集まって劇団関係の方から、誰に渡すか指示され、どのタイミングでお渡しするかなど説明もありました。こういうところもちゃんと打ち合わせをするのですね。

後半はひざの上において演劇を見るのですが、時々ひざの上においているのを忘れそうになります。うっかりしてびわをぶちまけたら、思わず声を上げ、お芝居をぶち壊しにしそうです。
     緊張しました。

お芝居は、俳優座の「春、忍び難きを」
敗戦直後の農地改革と戦争責任におびえる松本近郊の地主に焦点をあて、人の生き方を問う「斉藤憐」さんの作品で、紀伊国屋演劇賞を受賞されているそうです。
ちょっと重いけど内容の濃いいい作品でした。

地主の妻役の「川口敦子」さんにびわをお渡しし、握手していただきました。美しい方でしたよ。

もうひとつ役得で一番前の席で見られたので細かいところまでよく見えました。

     いい経験でした。

design by sa-ku-ra*

« ばちぐり返す。 ばっじゃす。 | トップページ | エレメンツで和紙を! »

映画・演劇」カテゴリの記事

コメント

良い経験をされましたね。握手もですか。あとあとまで、きっと印象が残られるでしょう。花束もですが、ビワの盛かごなんて、素晴らしいアイデアです。

cherrykazuyoo60さん、いい経験でした。緊張のせいか、3時間眠気もこず、ちゃんとお芝居を見られました。

髪にリボンをつけなかったのですか。(爆)
同世代の、かわいい代表ですね。m(_ _)m
ひざの上においておくのも、大変ですね。
びわは匂わないかな?

ribbonhisaさん、リボンはちょっと。
でも以前職場での親善卓球試合で若い元気な子にリボンをつけさせられましたよ。40代半ばで。恥ずかしいけれど盛り上がりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ばちぐり返す。 ばっじゃす。 | トップページ | エレメンツで和紙を! »