2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

JEROさん、「海雪」

先日テレビでアメリカ人の演歌歌手を紹介しているところをチラッと見ました。
今日、「michiko world」さんのブログで紹介されているので「You Tube」で聴いて見ました。
姿はラップでも歌うようなファッションです。ヒップホップというんですか?ところが歌を聴いたら、まさに演歌、日本人以上に日本人という感じです。
ピッツバーグ大学で情報科学を学んだエンジニアだそうですが、日本人の祖母の影響で演歌を聴いて育ったそうです。
演歌歌手になりたくて日本に来て2ヶ月でNHKのど自慢で合格したというのです。

「JERO ジェロ」さんで「海雪」 いい声でうまくて、なかなかいい歌です。

それにしても「You Tube」は優れものです。CDを購入しなくてもどんな歌か聴くことができましたから。

1
   (ラインはわたし的日常さんです、ありがとうございます)

2008年2月28日 (木)

昔の週休二日、給食

同じ小学校だった友人と小学校1年生の時週休二日だった話になりました。
「週休二日だったのよという話をしても誰も信じてくれないのよ。信じてくれる人がいてよかった。」と言うのです。

小学校の校長をやっていた彼女の話によると戦後アメリカの教育使節団が週休二日にするようにと提言、実験的に数校で行われたらしいのです。 私は日本中、どこもそうだと思っていました。
「遊んでいる場合じゃない、学力が落ちる」などという理由で実行には移されなかったようで1年生の時だけでした。

1 もうひとつ、やはり低学年の時、給食がありました。
脱脂粉乳にパンに、おかずもある完全給食でした。他の小学校の友人は脱脂粉乳と牛乳だけだったと言うのです。
おかずは赤いスープの中にマメの入ったようなものでまずく、嫌いでした。日本の田舎では目にしたこともない食べ物ですから。
大きくなって西部劇を見たら、あの給食とそっくりなおかずが画面に映っているではありませんか。ポークビーンズです。
私達の市は大きな炭鉱があったので物資の配給もあり、おかず付きの給食があったということを彼女の話で知りました。これも1,2年で終わり後はまずい脱脂粉乳だけが残り、鼻をつまんでいました。

今の美味しい給食を食べる子ども達には想像もつかないでしょうね。

2008年2月27日 (水)

国立新美術館へ!

友人達と国立新美術館へ出かけました。
波がうねったような美しい建物です。

  Photo

没後50年を記念した”横山大観展”が行われています。
会期も終わりに近づいたせいでしょうか、平日なのに30分待ちです。

有名な「生々流転」は長蛇の列です。去年、国立近代美術館を訪れた際、公開されていたのをゆっくり見ていたので後ろからちょっとのぞくだけにしました。
係の人が「コピー展示された作品でもかなり同じように見れます。」と案内していましたが「それは変じゃない?内容の紹介になっても作品ではないもの。」

ボストン美術館所蔵の「月夜の波図」は美しい波でこんな作品を家でいつも見ていたら癒され、落ち着くだろうなと思いつつ観賞しました。
「四時山水」も巻物で太陽、富士山、桜、松、海浜などが四季の風景として描かれていますがこれはなんとか見ることができました。

5月に足立美術館にいく予定ですがそこでも大観展があるので少しゆっくり見れるのではと期待しています。

美術館観賞のあとは、ゆっくりティタイムです。
ハーブティやら、コーヒーやら、ケーキやら、ビールやら思い思いに注文。
ケーキは美しさも大きさも甘さも圧巻。
でもしっかりお腹に収まりました。

Photo_2 Photo_3

お茶、ケーキ以上におしゃべりも楽しく、早春の寒さも和らぐようなひとときを楽しんだ一日でした。

2008年2月25日 (月)

春一番!!

この週末は2日にわたり日本全国強烈な春一番が吹き荒れました。
風が土を巻き上げ、空は灰色でなく土色をしていました。

家の中はざらざら。ふき掃除をすると雑巾はすぐ真っ黒、雑巾を洗うとバケツの水は土色です。
クレーンがマンションに倒れたり、富山では高波で被害を受けたり日本中、大変でした。

名前は「春一番」と優しく、美しいのに荒れ狂う風です。
気象庁の定義では「春一番」とは、立春から春分の日の間に 日本海で低気圧が発達し、初めて南寄りの強い風(8メートル以上)が吹き 気温が上昇する現象だそうです。
明日は春二番が吹くかもというお天気予報ですがほどほどにして欲しいものです。

Photo
 

2008年2月23日 (土)

懐メロをともに歌う!

080223_1414  おじいちゃんのグループホームの家族会がありました。
同じ階に住むのは70代から90代までの9名です。
ホームの方から、「この1年間、入院した人はなく、みんな健康でよく食べますよ。」と嬉しい報告です。

なるだけ出来ることはやってもらうということで朝食が済むと一緒にお掃除で、几帳面な人は隅から隅までモップをかけられるそうです。
その他洗濯物をたたんだり、食器を片付けたり家にいるようになるだけ体を動かすようにしているそうです。
「皆さん、ここへお仕事に来ている気分らしいですよ。」
「お給料はと言われるので銀行振り込みですよ。と答えるんですよ。」

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

入所当時は痴呆が結構あったのにかなり回復されしっかりされた方は、精神安定剤や睡眠導入剤など薬の量を減らされた結果だということです。
このことは先日の生活ホットモーニングでもレポートしていました。

そのあと、入所者と家族と一緒にケーキでティタイム。お雛様の可愛いケーキです。
エレクトーンの伴奏で10曲くらい懐メロを楽しみました。
うちのおじいちゃんはお気に入り「北国の春」を手振りよろしく踊り、拍手を浴び得意満面でした。gawk
暖かいホームの雰囲気に目が潤みそうでした。
去年、すったもんだしたグループホームですがスタッフの方々は関係なく一生懸命介護してくださっています。

Lbird1mizu

2008年2月21日 (木)

有難い格安食品

Sake_2 おじいちゃんのグループホームを訪問したあとの月曜日はデパートの野菜の特売日です。スーパーより安いので時々出かけます。  

先日はお歳暮用品の残ったものを半額で売っていました。
こんな豪華な吟醸酒も普通のお酒より安くなります。水引もついてもう一度正月をしなきゃと思うほどです。
Miso_2 ついでにお味噌、油も買い求めました。
大きな缶入りのおせんべいはあっという間に売り切れです。お酒や味噌は重いし競争率は低かったかな。

2008年2月20日 (水)

方言”ねまる”

昨日、カビが生えるなんて話を聞いていたら、
「この煮しめは、ねまっとる
という年寄りの言葉を思い出しました。
「ねまる」
腐るという意味で使っていました。

先日の「がんば」ではありませんが、全国で使うところがあるのかしらと思ってネットで調べてみたらありました、ありました。

岩手や秋田など北国の方では、「座る、座って休む」などの意味だそうです。
熊本、鹿児島など九州の方では「腐る」の意味です。
物事が進展しないという意味にも使われるようです。

「ねまる」という言葉が古語辞典にあるような記述があったので埃をかぶった古語辞典を開いてみると
「①いる。すわる。②寝る。寝そべる。くつろぐ。③平伏する。ひれふす。④腐る
「粘る」や「眠る」が語源らしいですが・・・・・

皆さんのところでは如何でしょうか?

Photo 

2008年2月19日 (火)

産直野菜も大変ね!

餃子の中毒事件以来、産直の野菜などが人気だというニュースが流れています。

ところが、think
「葉が虫に食われている」
「お味噌にカビが生えている」
「味噌汁を作ったら、かすが出てくる」

・・・・・等々、質問、苦情がたくさんあるのだそうです。

田舎で年寄りと同居する子ども時代を送った私は
「お味噌は使ったら、かめの中の味噌はしゃもじできれいにならし、空気に触れないようふたをしておく」
「もしカビがはえたら、きれいに取り除けばだいじょうぶ」
・・・・・・・・・・
と見よう見まねで知る事がありましたが今はそういう機会もなく知らないの人が多くなったのでしょうか。
手作りの味噌なんてカスだらけなので味噌漉しを使っていました。club

お店の若い人が農家に行って色々教わっていました。
これから、消費者にこういう情報を伝えていきたいと語っていました。

農家のおばさんのお話。

「食べ物は生きているんだから、カビが生えたり、腐ったりするのは当たり前でしょ、冷蔵庫に入れた食べ物が何日も悪くならない方がおかしいでしょう。」

例えばパンでもすぐカビの生えるパン屋さんと、何日もカビの生えないパン屋さんがあります。後者は便利でもか買う気がしませんね。

1

2008年2月18日 (月)

早春のスポーツデー

昨日は、東京マラソン。
3万人くらいの人が参加する大マラソン大会で2回目。
久しぶりにマラソンのテレビ観戦をする。
招待選手を差し置いて一般参加の藤原新選手が2時間8分台の好タイムで初優勝。藤原選手は北京マラソン出場が見えてきました。
あと3キロ少しのあたりで何度も足元がもつれて倒れそう。
でも何度も持ち直し、ついに好タイムでのゴール。すごーい。
拍手、拍手です。
陸連の沢木啓佑さんも彼が何者か知らなかったそうです。

次はちょっぴりスポーツ参加。
バドミントンで少し遊びました。もちろんそのあとは、お楽しみのランチにおしゃべり。

夜はサッカーの東アジア選手権。
10分ほど遅れてテレビを見始めたらもう、1点入れられています。
主力がいないとはいえ、またいらいらする試合展開。
のんびりパス、パスでつなぐので北朝鮮の選手はゴール前でじっくり張っていれば大丈夫です。
アナウンサーはしゃべりっぱなし、解説者は「そうですね。」「ここで点を入れて欲しいですね。」「まだ時間があります、チャンスもあります。」と言うばかりです。
茶の間の解説者は「あんな解説なら素人でもできる。」「パスがきたら、兎に角誰かに渡すじゃダメ。」「プロでしょ、もうちょっと自分で考えてやれないの?」
とうるさく言いたい放題です。

早春の休日はスポーツにまつわることで過ぎていきました。

   Kisya_02

    (Airy*Mintさんからお借りしました)

2008年2月16日 (土)

新宿散歩

新宿へ出かけたので駅の近くを散歩しました。
伊勢丹の前から明治通りへ抜ける途中に花園神社がありました。
江戸になる前から新宿の総鎮守としてあったようです。
白梅は満開ですが、紅梅はまだちらほらでした。

Photo Photo_2

神社を抜けると「花園饅頭」のお店が見えます。入ってみると立派な熊手が天井に。
さくら万頭を買い求め、お茶をご馳走になりました。

   Photo_3

更に進むと、「抜弁天」

   Photo_4

境内が南北に通り抜けでき、また苦難を切り抜くための弁天社ということです。
このあたりになると新宿の町の喧騒から逃れ静かなたたずまいです。

   Photo_5

ちょっとレトロな建物、一回りして戻った伊勢丹デパートです。

2008年2月15日 (金)

外国人のお土産

外国人が買う日本のお土産ランキングというのをテレビでやっていました。銀座で200人あまりの外国人にアンケートを行っていました。

① 天津甘栗 
② イヤホン
③ 徳用おかき(アジアの人に人気)
④ 化粧品(アジアの人に人気)
⑤ お箸
⑥ 和紙細工(¥840円のおひなさまが人気)
⑦ カシミヤマフラー(ユニクロ)
⑧ あんぱん(木村屋)
⑨ タコなどの合格人形(博品館)
⑩ 日本酒 

第1位の天津甘栗って日本(?)と思いましたが歌舞伎を見る観光客が歌舞伎座の前にある甘栗やさんで買い求め、「おいしい、美味しい」と食べていました。
昔、俳優のディカプリオも美味しいと食べていたとか。
日本酒は高いけどおいしいからと「八海山」の一升瓶を提げている人もいたし、三越の吟醸酒の試飲を立て続けに3杯、「ただで美味しいものを飲んで悪いね。」とお酒を買っていく人の良さそうなおじさんも。
木村屋のアンパンも美味しそうにほおばっていましたね。
徳用おかきは「肉のハナマサ」です。「端っこあるので店(銀座八丁目)を探すのに大変だったよ。」と中国の人が両手いっぱいに提げて走っています。

15

2008年2月14日 (木)

何に見えるかな?

Img_3988_4 今日も朝から冷え込んでいます。
久しぶりに自転車に乗ろうとマンションの裏庭の方に行ったら、白いものが見えます。土を持ち上げたり、ひっくり返したり。
写真にとって見たら、実際より青く見えます。
霜柱です。寒いはずです。

R0012348 夕方、用事を兼ねて散歩へ出かけました。
夕日がきれいで、富士山も海側のの工場群の向こうに頭の方を少しだけのぞかせていました。
駅舎の壁が美しく輝いています。近づいてみると3個の灯りが点灯しているだけなのですが、灯りを覆っているケースが縞模様に空いていたからでしょうか、こんなにきれいです。。

2008年2月13日 (水)

バレンタインカード作りました

  1

バレンタインデーに照準を合わせて町はチョコレート商戦たけなわです。
今年は和菓子屋さんも随分参加しています。
デパートなど高級なチョコレートから売り切れとか。

おじいちゃんにもプレゼントしました。 
「うまかねえ。」
と美味しそうに食べました。
甘い、美味しい味覚はいつまでも残っているようです。
こういうチョコのプレゼントはやりがいがあります。

チョコレートのプレゼントだけの日本のバレンタインデー、本家本元はどう思っていらっしゃるかしら。
と思いつつ、パソコン教室で教わったバレンタインカードを作ってみました。
パブリッシャーというソフトを使っています。

2008年2月12日 (火)

道の駅探検

Hata1 Hata2

久しぶりに道の駅へ出かけました。
違うところを探検したく、外房方面へ出かけました。
「オライはすぬま」 
「オライ」・・・って変わってるなと思い、店のおじさんに尋ねたら、「おらのいえ、我が家」の意味の方言だそうです。「イ」は「イ」と「エ」の間くらいだよ。と親切に教えて下さいました。Huryoku

外房の海の近くだからでしょうか、大漁旗をはためかせ、お客さんを待っています。
風力発電もやっているようで3機回っていました。

Iwachidon 着いたのはお昼時で併設のレストランに行ったら、たくさんの待ち人。
道の駅でゆっくり見て買い物を終わった頃、やっと順番が回ってきました。
お刺身定食、鳥のピリ辛定食は終了の張り紙。
いわし丼を注文しましたが、甘辛の味が程よくなかなか美味しかったです。味噌汁もアサリが入って良いだしが出ていました。

2008年2月10日 (日)

春よこい!

久しぶりの夕日です。三日月もうっすらと見えます。

     R0012329

2月に入り雪の日が3度もありました。
東京競馬場は雪で2週続きの中止、延期とか。
立春も過ぎましたが、寒い日が続くと暖かい春がとっても待ち遠しくなります。

春を表現する言葉を紹介したサイトです。
「麗か」うららか 「長閑」のどか 「暢気」のんき 「仄々」ほのぼの 「駘蕩」たいとう 「山笑う」やまわらう 「水温む」みずぬるむ 「漲る」みなぎる 「花嵐」はなあらし 「翌なき春」あすなきはる
と・・・・・
読んでいると春を感じ、あったかくなります。

http://plaza.rakuten.co.jp/soreiu3/5001

Photo

2008年2月 9日 (土)

今日はふぐの日

1 ふぐの本場といえば下関です。

下関では河豚(ふぐ)を「ふく」と発音し、「福」と同じ発音であることから縁起の良い魚とされていて語呂合わせから、2月9日をふぐの日としたそうです。

子どもの時「ふぐ」「がんば」と言っていました。とらふぐではなくもっと小さいふぐです。
近所のおじさんが採ってきたふぐをもらっては麦わらをお腹にさし、ふぐのお腹を膨らませて遊んでいました。プーと見事に膨らんでいくのです。今時は「生き物を虐待して遊んで。」と叱られるかもしれません。

ほかに「がんば」という所があるか調べてみたら、長崎県の島原地方ふぐのことをがんば」というそうです。有明海をはさんで島原と向かい側ですから、納得です。
なにせ、言うことを利かない子がいると、大人は「あんたは、島原から流れてきたのを拾った子だ。」とからかっていましたから。
“がん桶ば(棺桶を)用意してでも食べたい”のでこう呼ばれるようになったそうです。

「ふぐ刺し」と言うと、透けて見えるようなお刺身で、大阪では「てっさ」と言いますね。
これが大分になるとかなり分厚く、肝も一緒に出てきます。
美味しいけど高くて滅多に口にできません。

子どもの時、有明海でとれていたふぐは毒がなかったのか、煮つけて美味しく食べていた記憶があります。

2008年2月 6日 (水)

サッカーワールドカップ予選始まる

今日もまた雪が降っています。日曜日のように積ることはありませんが。

いよいよサッカーワールドカップの3次予選が始まりました。
オーストラリア、韓国、サウジアラビア、日本、イランの5カ国はシードされ3次予選からです。
出場メンバーは川口能活:内田篤人、中澤佑二、阿部勇樹、駒野友一、鈴木啓太、中村憲剛、遠藤保仁、山瀬功治(68分:巻誠一郎)、大久保嘉人(87分:羽生直剛)、高原直泰(81分:播戸竜二
得点は遠藤、大久保、中澤、巻1

雪の中4対1で日本の勝利、ほっとしました。でもタイの選手は雪に驚いたでしょうね。

2008年2月 5日 (火)

農業を企業に解放したら

中国製餃子による中毒問題、バイオ燃料に使う為とうもろこし、大豆が値上がりなど日本を取り巻く食糧事情は厳しくなりそうです。

新聞記者が国産だけの食生活を体験したら1日1000カロリーに満たない食事になるそうです。また、大豆が足りないため、味噌、醤油が使えず美味しくなかったらしい。純国産だけで海外からの食料がストップするとまるで戦後の食糧事情になりそうです。

わが国は米が余っているといって米の生産調整をして減反政策を取っています。そして補助金を出しています。

農業を企業に開放したら、小麦や大豆などももっと国内で効率的に採算が合うように生産するよう経営するのではないでしょうか。農家も1軒だけで忙しく働かず、交代勤務をしたりできるかも知れません。

政治家さん、票集めためのばら撒き政策はやめて本当に日本のためになる農業政策を考えて下さい。

design by sa-ku-ra*

2008年2月 3日 (日)

雪の一日

Yuki_2

今日は一日中雪です。昼前にはこんなに積もっています。
なのに今日は我がバドミントンクラブの試合の日です。
もちろん出番などありません。若者の試合を応援に行くのです。

Bado_2 

バスに乗って応援に出かけました。
おばちゃんたちの応援の甲斐もなく優勝というわけには行きませんでした。
攻撃は最大の防御という感じを受けます。

そのあと打ち上げの会に出席しました。
バドミントンの試合の話、技術的な問題、審判の仕方等々話題は満載です。
そのうち家庭のこと、子どものこと等々話題は広がっていきます。

そのうち、30歳くらいの若いパパが
「女の人は子どもが産まれると変わる・・・・・ 」と発言。
[どんなこと?」
「結婚した頃はしおらしく可愛かったのに、強くなる。謝らなくなる。」
「そのくらいでないと子育てはできないのよ」
と熟年ママ。

年代を超えたおしゃべりをしながら、お酒と料理を楽しみ、雪の夜は更けていきました。

Linesnowmanshiro

2008年2月 2日 (土)

確定申告~医療費

立春も間近ですが、今日は空もどんよりして寒い一日です。花の美術館は華やいでいます。

Hana1

    Hana2

今月は確定申告の月です。
去年は医療費は10万未満なのでどうせ戻ってこないし面倒だからと申告しませんでした。すると、健康保険料は値上げがあったにしてもビックリするほど高くなっていました。

区役所や税務署に尋ねると「今から修正申告をして下さい。戻ってきますよ。」助言を受けました。 時期がずれているせいか人も少ないのでとっても親切に教えて下さいました。
いくらか税金は還付され、健康保険料も少し安くなりました。

今年は確定申告をしなきゃと先ず医療費をエクセルで入力しました。
番号を入れたり、日付順に並べ替えたりというのがすぐわかりません。ほとんど使わないので以前教わった事もすっかり忘れていてテキストと首っ引きです。

今年は脚が痛かったりで家族の医療費を合わせると10万を少しオーバーしています。年よりもいるのにこの程度の医療費で収まっているのは幸せなことかもしれません。
領収書だけは多く、税務署の人はこんな領収書をいっぱいもらってどうするんだろうと思ってしまいます。

2008年2月 1日 (金)

「5年1組 小皇帝の涙」

我が家では録画した番組をよくあとで見ます。
今日は、NHKスペシャル 激流中国「5年1組 小皇帝の涙」でした。
(ネットで見たら、1月6日放送でした)
中国では一人っ子政策が実施されています。過保護に育てられた子どもたちは「小皇帝」と呼ばれています。
親達の教育熱心な期待を背負った雲南省の5年1組の子ども達を取材したものです。
遠足のグループわけをするといつの間にか成績順。できの悪い子は仲間に入れてもらえないし、先生に理由を尋ねられると、他の子は「勉強ができないから。」と堂々と答えます。先生も勉強ができないのはよくないという発言をします。
親は朝から晩まで「勉強、勉強、勉強。」
10分おきに子どもの勉強の様子をのぞきに行く母親もいます。
食事中も、親は勉強の話。子どもが「今は食事中です。」と言う位です。
39度の熱を出し、学校を休んだ子の熱が6度5分に下がったら、「さあ、勉強です。」と親に促され、すぐ机に向かう子ども。
子ども達は「がんばっているのを認めて欲しい。」と親に訴えます。
でも親達は、「勉強していい大学に行かないとリストラされるんだ、就職もできないんだ。」と高度経済成長での厳しい現実を子ども達に訴えます。
最後にある女の子の発言。堂々とインタビューに答えています。
「共産党大会では子ども達の負担を軽くするといったけれど、私達のかばんは重くなるばかり。」
家でも学校でも「勉強、勉強」と言われ、その期待に必死にこたえている子ども達を見ていると今後が心配になってきます。みんなが一人っ子ということも。
Photo

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »