2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月29日 (木)

可愛いクリスマスツリー

花の美術館のクリスマスツリーは今年は幼稚園児や保育園児のツリーが飾られていました。

Photo 

手作りのほほえましい飾りです。

Photo_3

2007年11月28日 (水)

仲間がいっぱいのポインセチア

R0010806_2 花の美術館はもうクリスマスバージョンで色々な種類のポインセチアが植えられていました。






よく見かける赤や薄い赤のポインセチア

Photo_4 Photo_5

                               
斑入りのポインセチアも

Photo_6 Photo_7

まあるく花のような変わった形のポインセチア、これだけは名前をメモしました。
「ウィンターローズ アーリーレッド」

Photo_8 Photo_9

黄色やかわいいピンクもあります。

3 Photo_10

久しぶりに綺麗なものを見て、ほっとした晩秋の午後でした。

2007年11月26日 (月)

建築確認厳格化に大困りらしい

姉歯建築士の耐震強度偽装事件の反省から建築確認の審査が厳格化されたため審査が遅れて、家がなかなか建たなかったり、新店舗のオープンの日取りも決まらないという影響が出ているらしい。

それも過剰反応で再申請になるらしい。例えば、

 ★ 図面への転記ミス、記載漏れ
 ★ 壁紙を替えたから 
 ★ 使用するサッシを替えた
 ★ ベランダの奥行きを10センチ縮めた

お役所はこんな些細な事と重大事とうまく切り分けることは難しいのでしょうか?
疑問に思う事です。

又預金の引き出しなども規制が多くなりました。悪い事を防ぐ為に規制が多くなり不便な世の中になっています。

Lmati1yoru

2007年11月25日 (日)

うまく撮れないよ~

用事があり、川崎の方へ出かけました。帰りは暗くなり、夜景が綺麗ですがなかなか写真が撮れません。とりあえず、川崎側から見た二子橋の方。美しい満月です。。

Photo

次は六本木ヒルズ方面。

Photo_2

東京タワーはライトアップされ、美しくそびえているのですが写真は流れてしまいます。走る車の中からですから、私の腕とカメラでは無理、無理です。
写真はあきらめて、レインボーブリッジやお台場の観覧車など美しい夜景を目で楽しみながら帰りました。

2007年11月23日 (金)

鎌倉散策

鎌倉散策を楽しみました。

鶴岡八幡宮では新嘗祭が行われており、神事を終えた宮司さんたちが本殿から降りてこられるめずらしい風景を見ることが出来ました。

Photo

本宮への石段下の舞殿では稚児たちが次々と奉納舞を舞っています。静御前もここで舞ったのでしょうか。

Photo_4

江ノ電で、鎌倉の大仏様へ行きましたが、老いも若きも外国の人も・・・と ものすごい人出で電車はラッシュアワー並みの混雑です。

友人オススメの銀杏はまだ青く黄葉とはいきませんでした。
でも青空にそびえる大仏様を久しぶりに拝顔。

Photo_2

下からも見上げて拝顔。

Photo_3

2007年11月22日 (木)

フレームのアップでアップ、アップ

Abc
ワードで作ったものをパブリッシャーにコピーし、図として保存するという強引な方法でやってしまいました。

2007年11月21日 (水)

U-22日本代表・おめでとう!!

素材

北京オリンピック出場をかけた「サウジアラビア戦」は引き分けながら4回連続の出場権を得る事が出来ました。
「今のA代表世代に比べると見劣りする、地味だ」と言われ、観客も少なく、又カタールに負けたあとの崖っぷちに立ってちょっと可愛そうだった今のU-22世代。

とにかく おめでとう!!

今日はよく走り、最後まで集中が切れず良かったと思います。解説の松木さんの口癖のような「集中」です。
いくつも得点チャンスがあったのに、サウジのキーパーの好セーブに阻まれたり、残念でした。

オシム監督の教え子のキャプテン水本裕貴や水野晃樹はより涙が浮かんでいたように思えました。

design by sa-ku-ra*

2007年11月20日 (火)

古典相撲に沸いた島・隠岐

1_2  NHK生活ホットモーニングで「島根・隠岐の古典相撲」を紹介しています。
島の小学生から、65歳のベテランまで島の人が参加して夜通し行われるそうです。女性は応援にまわり、時には素敵な人を見つける場にもなるようです。
神社の遷宮やトンネル完工など島をあげての慶事を祝うために行われる相撲です。

同じ力士が2番連続して取り組みを行い、先に勝った方が2番目は相手に勝ちを譲り、必ず引き分けにすることから「人情相撲」とも呼ばれているそうです。そのあと握手をしたりしています。遺恨を残さないようにという先人達の知恵のようです。

又、役力士のの勝者には土俵の四隅の柱が与えられるので「柱相撲」とも言われるそうです。
今回は高校の創立100周年記念の古典相撲で今年、この柱を頂いた大関はおじいちゃんの家の軒に飾り、おじいちゃんと感慨深げに見上げています。
街の人たちは自前の化粧回しを大切に保存し、孫に締めてあげたり伝統が行き続けている島です。

ちょっと変わって面白いなと思ったのは取り組む力士だけではなく、応援する人たちも塩をまくので1トンの塩が使われるそうです。
お母さん達は力士達のためにご馳走を用意しています。かげで支える姿に男性は女性に頭が上がらないとか。

不祥事の多い昨今の大相撲に比べ、なんとも心豊かになるいいお相撲風景です。

2007年11月19日 (月)

秋深まる!

Photo_2 美容院の帰り道。
冷えているけどいい天気。雲間に半月、この写真で判るかな?



たまには高いところから眺める紅葉もいいかな。

Photo_3

2007年11月18日 (日)

ナツミカン?

Photo

駅からの帰り道、ナツミカンのようです。

冬、実がなっているのに「ナツミカン」とはずっと気になっていたことです。
すっぱすぎるので甘くなる初夏まで待って食していたらしいですが、本当のところは?

2007年11月17日 (土)

早い回復を!オシム監督

素材上

ゆうべ遅くのニュースで川淵会長が目を真っ赤にして涙を浮かべ、「オシム監督が脳梗塞で倒れた」と報告していました。
今朝の新聞を見ると倒れられたのは昨日の未明午前2時ごろで、言葉の壁や関係者がうまく捕まらずフランス経由で119番通報されたと書かれていました。外国で生活というのは本当に大変なのですね。
オシム監督がジェフの監督になって我が千葉は最下位争いのチームからナビスコ杯優勝チームに変えるほどの監督でした。
日本代表も今までと変わり、よく走り、テレビで見るのが楽しみだったのに。
オシム監督の早い回復を願っています。
素材下

design by sa-ku-ra*

2007年11月16日 (金)

熊本名物”いきなり団子”試作

熊本出身の友人から
「いきなり団子の試作を一緒にしない?」
と誘いを受けました。
「白玉粉と小麦粉」を混ぜて作るとうまくいくと教わったのでそのやり方で試作をしました。

①小麦粉と白玉粉は、同量。塩(ほんの少し)と水を加えて、耳たぶくらいにこねて皮を作ります。
 サツマイモは5ミリ厚さくらいの輪切りにし、水にさらします。
 サツマイモにあんこを載せます。

Photo

②皮を薄く延ばし、サツマイモを饅頭のあんこのようにして包みます。
 母や祖母たちは器用に手で延ばしていましたが、私達は餃子の皮作りのように延べ棒で伸ばしました。その方が簡単です。

Photo_2

③蒸し器で15分ほど蒸すと出来上がり。

Photo_3 Photo_4

カメラを通すと湯気でムーディないきなり団子です。

いたってシンプルで簡単なおやつです。見かけも味も素朴です。でもなかなか味わいがあります。

2007年11月15日 (木)

おめでとう・・レッズ!!

アジアチャンピオンズリーグ(ACL)は2002年から始まっているというのに日本は準決勝すら進んだ事がなく、韓国などに負けてばかりだったので今まであまりテレビ観戦もしたことがありませんでした。
ところが今年はフロンターレも決勝リーグへ進むし、今までと異なります。
Jリーグ、日本サッカー協会も力の入れ方が違ったようです。

ゆうべは浦和の優勝を願いつつテレビの前に座り込みました。
浦和が押している感じですが、カウンター気味になるとセパハンの動きは俄然速く、ヒヤヒヤします。
前半22分、相手のミスをついてフリーになった永井の豪快なシュートが決まり、「ヤッター!」

ここで地域の集まりで中断、残念。
終わって急いで戻ると後半12分ごろ。

またまた永井のシュート、キーパーにクリアされたのを阿部がヘッドで「ゴーール」

ホイッスルが吹かれるまでの長いこと、長いこと、選手は足がもつれそうに見えます。

ついに「浦和レッズ」がアジアチャンピオンに輝きました。
     おめでとう!!
ベンチコート姿の小野が見えましたがどうしたのでしょう。

ACLを楽に勝ちあがり、日本が常勝チームになったら、世界でももう少し活躍できるようになるでしょうか。

Sac009

2007年11月13日 (火)

神様、仏様、稲尾様

L_au_14_3

中学生の時、日本シリーズで巨人に三連敗した後、彼の連投で四連勝し、西鉄が日本一に輝いたのです。
あの頃はテレビも殆どなく、学校の視聴覚室にありました。先生がまだ教室に見えないことをいいことに、そこで日本シリーズを見ていました。
そして先生にすごく怒られたのを思い出します。
何しろ九州ですから殆どに西鉄の応援で盛り上がっていました。

資料を見ると、実に7試合中6試合に登板(うち5試合に先発、4試合完投)し、第3戦以降は5連投だったようです。その上、第5戦ではシリーズ史上初となるサヨナラホームランを打ち、優勝時の地元新聞の見出しに「神様、仏様、稲尾様」と書かれたのです。
当時はちょっと困るとみんな「神様、仏様、稲尾様」と唱えていました。
とにかく今では考えられないくらい連投し、40勝以上あげたこともあるのを覚えています。

この稲尾様だけでなく、大きなお尻をぶるぶると震わせて特大のホームランを打つ中西選手もすごかったです。豊田、高倉、大下、仰木選手など名前だけは覚えています。
黒い霧事件でチームはなくなりましたが今でも西鉄があったら九州の球界はもりあがっているだろうなあ!!

稲尾和久投手のご冥福をお祈りいたします。  ”合掌”

L_au_14_2

2007年11月12日 (月)

ALWAYS 続・三丁目の夕日

L_au_11_3

映画はゴジラが大暴れして鈴木オートのある町が破壊させて始まります。
今日はゴジラ映画を見に来たの?と錯覚しそうになりました。

昭和30年代は日本もまだ貧しく、ちょっとしたことでも喜びを見出せる時代だったように思います。今は恵まれすぎて何でも当たり前になってしまいました。またいろんな物、事がありすぎ我慢するのも大変です。

映画はハッピーエンドが多く、現実はもっと違うんじゃないと思いつつもこんな人情や出会い、感動を楽しむのもいいかなと思いながら2時間半を楽しみました。

薬師丸ひろ子の綺麗な声が花を添えてよかったです。

L_au_11_4

2007年11月11日 (日)

防災訓練

わが団地では10年ほど前から防災訓練が行われています。 
担当になったこともあり、久しぶりに参加しました。

Img_37142 Img_37122

「防災機材部」の担当で倉庫からいろんな防災用品を出して展示しました。

Img_37042 Img_37062 Img_37072

「レスキュー用品」「ジャッキ?」「ハロゲン照明灯・懐中電灯・スピーカー・・・」
大きなトンカチやスコップ、といろんなものがあります。こんなに装備されているとは知りませんでした。

Img_37022 Img_37082 Img_37102

命の綱である「水」「トイレ」もちろん[救急用品」もです。
水は受水槽にある水を発動機を使ってドラム缶にいれ、昔の井戸のようにして使うそうです。簡易トイレは粉を入れ、固めるそうです。

Img_37032 Img_37112

炊き出しや車椅子の体験、三角巾の使い方、消火器を使う体験といろんなことが行われました。
「災害で一番困るのはトイレの問題ですよ。」というお話を聞きました。

でもこんな用具を使う事がないよう願うばかりです。

2007年11月 9日 (金)

これが東京駅の地下?

友人と東京駅の「銀の鈴」で待ち合わせをしました。

Photo

昔はどんな姿だったか、思い出せないくらいきれいです。

小物屋さん・・・楽しそうなものがたくさん。

Photo_2 Photo_3

お酒屋さんやお酢屋さんも・・・

Photo_4 Photo_5

ケーキやさんは何軒あるでしょう、数え切れないくらい。
ジャンボなケーキが・・・・値段もジャンボ900円近くで驚き。

Photo_6

待ちぼうけをさせられても退屈しないくらいたくさんのお店が並んでいます。

JRも民営化されて20年、駅の中もずいぶん変わりました。東京駅などデパートの中みたいです。
郵便局も公社化されました。先日切手を買いに行くと「年賀状の印刷はどうですか?」と勧められました。これからどんどん変わるのでしょう。郵便局の中にお店が出来るところもあるかも知れませんね。

2007年11月 8日 (木)

ほっとする光景

R0010591

用事を済ませた後近所の公園を通ると

「○○ちゃんが欲しい」
「○○ちゃんじゃわからん」

  ・・・・・・・・・・・・・

「相談しよう、そうしよう」
「じゃんけんぽん」

と「はないちもんめ」の懐かしい歌声が聞こえてきます。
小学生のお姉さんや幼稚園児、もっと小さい幼児もなかよく遊んでいます。(写真だとわかりにくいけど)
そばでは男の子達がボールをけったりして遊んでいます。

R0010590

池のそばでも女の子たちが遊んでいます。

この公園は以前は池の蓮や枝垂桜を見るにも急ぎ足でという位うっそうとして人気のない公園でしたが近くにマンションが建ち、子供の姿がよく見られるようになりました。
やはり子供の元気な姿はほっとした気持ちにさせてくれます。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »