2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« グレース・ケリー展 | トップページ | 霧の朝 »

2007年4月21日 (土)

和風の壁紙?

1_8 

フォトショップで和風の壁紙を作られているのを本で見かけましたが、難しくて出来そうにないのでパブリッシャーというソフトを使って背景の画像を作りました。元になるクリップはマイクロソフトのクリップオンラインにあります。
そこへ「滝廉太郎」の「花」の歌詞を書いてブログにアップしようとしましたがパブリッシャーでしか保存できないのでうまくいきません。
仕方なく 「PriSc」 したものを先ず、ペイントに貼り付けました。そしてもう一度パブリッシャーに貼り付け、「図として保存」でなんとかアップできました。無駄なく切り取る事が出来ず、余分な点線などがちらちらしてしまいました。
保存はむずかしくいつも試行錯誤です。

« グレース・ケリー展 | トップページ | 霧の朝 »

パソコン遊び(作品)」カテゴリの記事

コメント

いろんなソフトの良いとこ取りですね。こんな風に作るなんて、考えもしませんでした。
この歌、良いですね。のどかで華やかです。

こんにちは~
いろんなソフトを使えるんですね。
和風の壁紙に仕上がって、素敵です。
ブログの保存はファイルに制限があるのでやりにくいですよね。
わたしはすぐにあきらめてしまいます。
試行錯誤されてちゃんとアップされているのが素晴らしいです。

こんにちは~。
背景に「花」の歌詞、文字がぴったりだなぁ・・・と思いながら拝見しました(^_^)
mokaさんは本当にいろんな事に挑戦されますね!
パソコンに詳しくない私がおこがましいのですが、mokaさんは「WinShot]を使っていらっしゃいますか?
↓「グレースケリー展」観たいですが、29日までのようですね、出掛ける時間がありません、残念です(;_;)
↓>人気のない楽天に1位指名され、素直に入団した田中君がこういう問題に絡んでいない事を願っています。
人気のない楽天に「素直に」入団した、という事だけで私はマー君を応援しています(^_^)

すてきですね。
和風の壁紙と「花」の歌詞が
ぴったりマッチして、見とれて
しまいました。
他のソフトで作った時の保存が
確かに難しいですね。
でも、大成功です!

和紙の背景には春の日本の歌と思いました。日本の歌の楽譜が丁度あったので転記してみました。

わたし的日常さん、こんばんは。
保存はまだよく分からず試行錯誤で時間がかかります。

じゅんさん、こんばんは。
「WinShot」は使っていません。画面の保存や印刷をするフリーソフトみたいですね。
「Alt+PriSc」を押してやっています。
きれいなものを見るのはやはりいいですね。

ポエムさん、こんばんは。
ポエムさんのように綺麗な絵を描くことは出来ないので何とかパソコンを使って作ってみようと試行錯誤しています。

こんにちは!
 今、気が付きましたが
 モカのひとりごつ・・・なんですね。
 熊本の言い方ですね。(*^_^*)
 フォトショップはまだ使ったことが
 ありません。難しいでしょう?

 でも、出来ないと思っていたことが
 完成すると、ほんとに嬉しいですね。
 達成感というか・・・ワクワクです!
 若さの秘訣かも知れませんね。
 ステキなハガキを見せていただき
 ありがとうございました。m(__)m

おはようございます、mokaさん。
お久し振りに伺います。
和風の壁紙を別ソフトで作って、滝廉太郎の「花」の歌詞を別ソフトで書いて、保存ですか~~?
難しそうですね~~。
mokaさんは研究熱心ですねーーー。
フォトショップというソフトも優れものですね。
その優れもののソフトを色々よく研究されていますね。
滝廉太郎は名前を聞くと懐かしいです。
わたしの中学の音楽の教科書には「花」、そして、「荒城の月」が載っていました。
「荒城の月」の曲を滝廉太郎がイメージして作った時に、大分の竹田の岡城をイメージしたと言われていて、それまで大分県人なのに知らなかったわたしでした。
懐かしく思い出します。
ところで、mokaさん、chaguままさんところでお尋ね頂いてありがとうございました。

hanaさん、こんにちは。
「ひとりごつ」を気がついてくださるのはやはり熊本の方でなつかしいです。
ワクワク!!そうですね。でも若さは気持ちだけですね。よろしくお付き合いください。

お久しぶりです。
「滝廉太郎」の記念館は一度訪問しました。竹田は古い町ですね。岡城址は桜が綺麗でした。
これからもよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グレース・ケリー展 | トップページ | 霧の朝 »