2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« 東京湾のむこうの富士山 | トップページ | お馬さんと遊ぶ »

2007年1月12日 (金)

硫黄島からの手紙

「父親たちの星条旗」につづく「硫黄島からの手紙」を見ました。
予想通り、やはり重い映画でした。

曽野綾子さんの「集団自決の真実」という本を今読んでいますが
ともに思うことは、戦う兵力など全然足りず、戦争と言えないような
悲惨な戦いを強いられた前線の兵士達という印象です。
援軍を求めても、「援軍兵力の余裕なし」で終わりです。

家族を兵隊にとられた人々、祖国を守る為と玉砕的な戦いをせざる
を得ない兵士達、・・・・・・現場の人たちが一番悲惨です。

映画も最後の方になると、見せる為の演出を感じてきました。クリン
ストイーストウッド監督の映画はそれを余計感じるような気がします。
映画として表現する為には必要なことでしょうが。

アメリカの人に一番印象に残った俳優はと尋ねたら、「二宮和也」君
という答えが多かったそうですが、確かに彼が印象に残りました。
あの時代、彼の役はあんなに自分を出せたかなとは思いますが。

« 東京湾のむこうの富士山 | トップページ | お馬さんと遊ぶ »

映画・演劇」カテゴリの記事

コメント

この映画は見てません。今日は過去にも聞いたと思うのですが、戦争のために動物園の象を殺した、餓死させた話をラジオで聞きました。やり場のない怒りと悲しみ、戦争は誰にも1つも良いことは残さないですね。

私は昨年末観ました。家内と一緒にシネネコンプレックスに行きましたが、家内は大奥を見ました。

渡辺兼さんの余は諸君に先んず(確かこういったと記憶しますが)と言う言葉に感動しました。ちとセンチメンタルな気持ちになりました。今時の政治家に見てもらいたい映画です。

kazuyoo60 さん、おはようございます。
戦争はなかなかなくなりませんね。

多摩さん、おはようございます。
「余は諸君に先んず」
この言葉は印象的でした。二度使われましたね。
上官、指揮官、上役、政治家・・・・・リーダーに問われる資質ってありますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京湾のむこうの富士山 | トップページ | お馬さんと遊ぶ »