2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

モカのひとりごつ2

お気に入り

無料ブログはココログ

« 大英博物館展 | トップページ | ”図書館の本、傷だらけ” »

2006年12月10日 (日)

アール・デコ・ジュエリーと紅葉

Photo_123  20世紀前半のアール・デコの時代、カルティエの宝飾デザイナーとして活躍した

シャルル・ジャコーの作品が主の美術展でした。

「ジュエリー・デザインのピカソ」と言われた人だそうです。
そのデザイン画や、宝飾が展示されていましたが、デザイン画は繊細で

今でも新しく感じるようなデザインです。宝石はもちろんため息の出るような

美しいものでした。

Photo_124 2_3

   

   

   

   

庭園美術館はアールデコ様式の朝香宮邸を美術館として

公開されているそうで素敵な建物でした。
昔は、迎賓館といっていましたが。
紅葉も綺麗でした。

« 大英博物館展 | トップページ | ”図書館の本、傷だらけ” »

散歩」カテゴリの記事

美術館等」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
ご無沙汰いたしましたm(__)m
デザイン画も宝飾も素晴らしかったのですね~♪
お庭の紅葉もきれいですね、画像が素晴らしいです(^_^)
>「Windows Vista」
の使い勝手は良いのでしょうね?
売り出されたら評判を聞いてから買おうかな、と思っています(*^_^*)
>「プラサを着た悪魔」
この間の旅行の飛行機の中で見て来ました(^_^)
メリル・ストリーブ、本当に格好良かったですね♪
仕事の時とプライベートの時の顔の違い、凄かったですよね!
文字デザインも、ヒイラギや帽子の枠などもとてもステキです♪mokaさんはなんでもこなされるのですね!
>「ミイラ展」

カルティエの宝飾デザイナーの作品展いいですね。
大阪にも来ないかなぁ~来て欲しいですねぇ~。

紅葉の写真きれいですね。

朝香宮邸・元迎賓館、テレビで内部を見ましたが、ちょうどの1つ1つが吟味されていて素晴らしいでしたよ。お庭も他のブログでも拝見しましたが、良い雰囲気ですね。

☆ じゅんさま、お久しぶりです。
お洒落な美術展を楽しませていただきました。
WindowsVistaは発売からしばらく経ち落ち着いてからの方がお買い時らしいですよ。

☆ わたし的日常さん、こんばんは。
時代を経ても新鮮さを感じます。素晴らしいです。

☆ kazuyoo60さん、こんばんは。
内部の装飾など素晴らしい建物でした。
隣の自然教育園も武蔵野の自然の残った素晴らしいところですが今回は時間切れで入れませんでした。

mokaさん、こんばんわ!
素敵なお庭ですね!紅葉が綺麗です!
カルティエですか!
ため息が出ますね!美しいものは美しいのでしょうね!
私も見てみたいです。

mokaさま おはようございます!

迎賓館 ちょっと遠いところ、羨ましわ(^^)

おはようございます。
都会ではいろいろな美術展が次々に開催されていて羨ましいです。
アール・デコといえば、NHKで放送しているポアロシリーズもその時代背景で、服装や室内の調度がおしゃれで素敵ですね。
洗練されたデザインの品を見ると心がゆったりというか豊かな感覚になるのは何故なのでしょう。
関東に居た頃に庭園美術館も好きで何度か行っったことがあるのですが末永く保存して欲しい建物の一つですね。

◇ ちぐちゃん、 こんばんは。
名前だけ知っているカルティエです。やはり庶民でなく王侯、貴族に似合うものですね。

◇ 熊本にいる妹が時々言います。「東京のそばにいると色々見れてよかねえ」と。
でも窮屈な住まいに我慢しています。

◇ okoさま、こんばんは。
NHKでそういう番組を放送していたのですか。彫刻像なども窓辺にさりげなく飾られたり素敵でした。
東京都が譲り受け美術館にしたようですね。本当に大切にして欲しいものです。

こんばんは。mokaさんは絵画や美術、映画などの方面に明るいですね。なんとなく趣味が似ていてちょっとうれしいです♪
(なんて勝手に失礼しました)
庭園美術館、一度だけ行ったことがありますが、内装や調度品が素晴らしいですよね。
確かエミール・ガレだかルネ・ラリックだかのガラス工芸が飾ってあったような・・・(うろ覚えですみません(^^ゞ)
そんな素敵な場所で展覧会があったなんて・・・調べておけば週末行けたかも~(><)

♪elaathenaさん、こんにちは。
どれも明るくないのですよ、美術展はチケットをいただくか、誘われたとき、映画はいつも1000円だし、暇もけっこうあるので面白そうだったら行くし、・・・とこんな感じです。
競馬も付き合っていくこともあるし、・・・
子供に言わせるとただの知りたがりだそうです。
このアール・デコ・ジュエリー展は1月まであると思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大英博物館展 | トップページ | ”図書館の本、傷だらけ” »